僕は昔知人のもらったUSBメモリスティックを愛用していたんですが、それがメルセデスベンツの鍵をモチーフにしたデザインだったんですね。

メルセデスベンツの鍵はご存知の方も多いと思いますが、前方後円墳の円の部分が楕円のように雰囲気になっている鍵なんですが、USBのメモリスティックはそれを一回り小さくしたした形状になっているんですね。

メルセデスUSB

こういう感じです。

これがなかなかかっこよかったんですが、今じゃメルセデスベンツの鍵も進化しているので、USBもそれに応じてデザイン変更されているかもしれません。

さて、そんなわけで、今日はUSBメモリスティックについて。

SIHHやバーゼルワールドでは、各時計メーカーからメディアに向けて新作ウォッチのデータが入ったUSBメモリスティックが渡されるそうなんですが、2019年に配布されたUSBスティックもまたおしゃれで高級で、本当に欲しくなるようなデザインのものばっかりだったんですね。

今日は各社おしゃれなUSBスティックを制作しているので、それを紹介したいと思います。

A.ランゲ&ゾーネ

image by www.webchronos.net

非常に神々しいですw

ロゴがすごくかっこいいですから、ロゴがプリントされているだけで所有欲を掻き立てる存在になっています。

ウブロ

ウブロUSB

image by www.webchronos.net

これはシンプルな形状なんですが、ウブロのロゴが入っているだけで印象がガラリと変わります。

ピアジェ

ピアジェ

image by www.webchronos.net

世界一薄い部類の腕時計を作るピアジェですが、USBスティックのほうがだいぶ分厚いです。

薄くする技術にかけてはブルガリと同様に世界一ですが、USBスティックも薄くできたら良いんじゃないでしょうか?

モンブラン

モンブランUSB

image by www.webchronos.net

モンブランのUSBスティックはカード状になっています。

クレジットカードよりも少し厚みがあります。

使い勝手は悪そうですが、かっこいいし、なくさなそうだし、財布に入れておけるような形状なので重宝するかもしれません。

ヴァシュロンコンスタンタン

ヴァシュロン・コンスタンタンUSB

image by www.webchronos.net

ヴァシュロンコンスタンタンの十字のロゴがデザインされたUSBスティック。

これも神々しい。

世界三大時計ブランドのUSBスティックですから、世界三大USBスティックということなんでしょうか?

ということで、これも需要がありそうです。

オーデマピゲ

オーデマピゲ

image by www.webchronos.net

オーデマピゲのUSBスティックは金属物質でできているので、重量があるそうです。

三大時計ブランドの一つだけに高級感を感じられる一つとなっているようです。

IWC

IWCUSB

image by www.webchronos.net

これはちょっとその他のメーカーに比べると少々安っぽい作り。

ブランドの焼印がかっこいいんですけどね。

まあ、時計が美しいので良しとしましょう。

カルティエ

カルティエUSB

image by www.webchronos.net

カルティエのUSBスティックはタブを引っ張れば上記の画像のように出てくるそうなんですが、左側からは液晶ディスプレイが出てくるそうです。

詳しくは上記のリンクで紹介しているので気になる方は読んでみてください。

という感じで、高級な腕時計ばかりではなく、USBメモリも高級そのものです。

個人的にはオーデマピゲやピアジェのそのものの高級感を感じられるやつが好きですね。

みなさんはどのUSBスティックが気になりましたか?