僕はボクシングにまるで興味がないですが、井上尚弥選手の試合だけはなぜか見たくなります。

そりゃそうです。

日本人があの階級では最強なんですから。

あの細い体から繰り出されるパンチにはどのくらいの破壊力があるのでしょうか?

ボクシングに関しては僕はド素人でまるで知識がないんですが、それでも倒せばよいということくらいはわかりますw

先日行われた複数の団体を混ぜた試合でも勝利し、みなを驚かせました。

というか、驚いてないかw

多くの人は井上が勝利すると思っていたはずですから。

僕もそのうちの一人。

とにかく強いのなんの。

勝つイメージしかないですよね。

そう、勝つイメージ。

この勝つイメージってのは僕たちが持っているものと、本人がする勝つイメージでは、それこそ重みが違う。

まるで僕たちが出すパンチと井上選手のパンチの違いのように。

というわけで、今日は腕時計のブログなので、井上選手が持っている腕時計について。

井上尚弥(WBA&IBF世界バンタム級王者) ロレックス コスモグラフデイトナ 8Pダイヤ Ref.116503G

井上尚弥(WBA&IBF世界バンタム級王者)選手愛用の ロレックス コスモグラフデイトナ 8Pダイヤ Ref.116503G・アナザースカイIIにて

そう、彼が持っているのはロレックスのデイトナ。

そのイエローゴールドとステンレスのコンビモデル。

通称ロレゾール。

ロレゾールというのはロレックスの腕時計の中で、ステンレスとゴールドのコンビモデルのこと。

ステンレスを表すSとフランス語でゴールドを表すORが混ざった造語。

ロレックスのSORということで、ROLESORなのです。

そんなデイトナのコンビモデルを持っている井上選手。

文字盤カラーはブラック。

この世代のデイトナは白文字盤よりも黒いほうが人気でした。

新型では逆なんですね。

井上さんモデルはこれにダイヤモンドがインデックスについている豪華なやつ。

とは言え、価格があんまり変わらないのがこのモデルの良いところ。

それでいてかなりゴージャス。

僕も派手めな腕時計は結構好きですから、デイトナだしやっぱりこのモデルはかなりおすすめですね。

なんといってもやっぱりデイトナ。

ステンレスモデルのほうが人気があって今では高額なんですが、それでもやっぱりゴールドが使用されているのはかなり魅力的。

このモデルは井上さんが『アナザースカイII』で着用していたモデル。

ということで、今話題の井上選手の腕時計でした。

image by azzio-1.com