300万円を超えつつあるデイトナのSSモデル。

116500LNの人気は凄まじいです。

2020年になるとインバウンドもあるしこれからまだまだロレックスの価格が上昇することが予想されます。

デイトナ400万円時代が来る可能性もありそうです。

もはや手がつけられない値段になっています。

ちょっと前のロイヤルオークのような感じ。

300万円は普通に超えちゃうかもしれないですね、本当に。

実はこのデイトナ、定価はなんと130万円なんですよね。

なので、もし400万円になったら定価の3倍になるということです。

現実にはすでに2倍の値段にはなっていますから、もはやこれはなんとかしないと、という感じですね。

なんとかすると言ってもどうにもならないんですが、それだけデイトナの人気が凄まじく、それに対してデイトナの数が少ないということです。

うーむ。

ロレックスはやっぱりうまいですね、やり方が。

こんなふうに需要と供給のバランスをうまく調節出来るのも時計自体のクオリティが高いからなんですよね。

そういう感じでロレックスは常に腕時計が定価を超えているんですね。

スポーツモデルのロレックスならほとんどが定価以上で販売されているんですが、デイトナのアイスブルーと呼ばれるプラチナ製のモデルに限ってはちょっと様子がちがうようです。

これはそのアイスブルーの価格の推移なんですが、今でこそ800万円になっていますが、これまでは700万円を下回っていたんですね。

実はこのデイトナアイスブルーの定価は790万円ほどで、ずっと定価以下で販売されていたのがこのデイトナ。

素材自体が高額でなかなか売れないのが原因なんだと思うのですが、それがここにきて定価をうわ待った金額で取引されているようなんですね。

デイトナアイスブルーに春が来た!

という感じ。

これこそが今のロレックス人気を物語っている証拠なんじゃないでしょうか?

これまでデイトナアイスブルーが個々まで高額になることはありませんでした。

オンラインでも新品は500万円台で販売されていて、定価よりもかなり安かったのを覚えています。

やっぱりロレックスの人気は2019年になってから急激に伸びているんでしょうね。

2019年のスポロレの価格推移を見ても春くらいにかなりすごいことになっていますから、この推移でロレックスは雲上化していると言えるんじゃないでしょうか。

そうなったらなかなか買えなくなっちゃいますね。

というわけで、プラチナデイトナでみたロレックスの人気でした。

ロレックス コスモグラフ デイトナ/116506 中古 メンズ
取り扱い店舗:ブロードウェイ店 お問合せコード:wuar0006 商品ランク:A ブランド:ロレックス ROLEX 商品…

ロレックス コスモグラフ デイトナ/116506 中古 メンズ
取り扱い店舗:ブロードウェイ店 お問合せコード:wuav0001 商品ランク:A ブランド:ロレックス ROLEX 商品…

ロレックスデイトナ116506Aアイスブルー中古


ロレックスデイトナ116506アイスブルー中古