image by tr.twipple.jp

ワールドカップでポルトガルがウルグアイに負けました。

前半でウルグアイが先制し、後半でクリスティアーノロナウド率いるポルトガルも1点入れて追いつきますが、その後先制点をいれたカバーニが2点目を入れます。

これが決勝点になり、ベスト16という結果に終わったクリスティアーノロナウドのポルトガル。

メッシ率いるアルゼンチンもフランスに負けていますが、スーパースターがいてもなかなか勝てないのがワールドカップの難しさだと思います。

そんなワールドカップですが、2018年のFIFAワールドカップのメインキャスター加藤浩次さんは鼻血を出しながらも生中継でキャストをしていましたw

とても興奮していた模様です。

サッカー経験者でありますから、やはりサッカーについて良く知っている。

もう放送を終了しましたが、めちゃイケのメインメンバーであり、番組の中心的存在であったナインティナインもまたサッカー経験者。

やべっちFCはみなさんもご存知だと思います。

そんな加藤浩次さんですが、加藤さんもまたなかなか良い腕時計を持っておられる。

『めちゃイケ』や『スッキリ!!』で有名な極楽とんぼの加藤浩次さんが愛用する腕時計は国産のセイコー プロスペックス マリーン マスター プロファッショナル 国産ダイバーズ50周年記念限定モデル Ref.SBDX012 & グランドセイコー スプリングドライブ クロノグラフ Ref.SBGC003

こちらで加藤さんが愛用している国産ブランド、セイコーの腕時計について書いてるので良ければ読んでみてください。

というわけで、今日は加藤さんが持っているドイツの腕時計について。

ユンハンス マックスビル クロノスコープ Ref.027/4600.00

ユンハンス マックスビル クロノスコープ Ref.027/4600.00



ご存知、マックスビル。

名デザイナーのマックスビルさんによってデザインされたモデルを復刻。

1962年に生まれた綺麗なデザインを再現した40ミリのクロノグラフですが、極限まで薄くなっているベゼル幅が文字盤全体を大きく見せ、時計全体が大きく見えるようなスタイルをしています。

40ミリとは思えない文字盤存在感を見せていますが、ケース全体は現代の時計としてはやはり小ぶり。

縦目の2カウンターにデイト機能がついたシンプル極まりない機械的なデザインをしたクロノグラフで、無駄をなくした無機質な印象を与えています。

自動巻きのムーブメントを携えていますが、風防はプレキシガラスという昔ながらの仕様を踏襲しています。

強化プラスチック風防というやつですね。

経年変化で味わいが出やすいのが特徴的です。

サファイアクリスタルに比べ、傷がつきやすいという難点がありますが、それがプレキシガラスの特徴です。

というわけで、サッカーの解説でも活躍している加藤浩次さんがドラマ『ブラックペアン』で着用していたユンハンスのクロノグラフでした。