名探偵コナンにはまっていた頃がありました。

個別のストーリーも好きですが、古めの映画版も好きで、天国へのカウントダウンはよく何度も繰り返し見ていましたが、時計じかけの摩天楼に登場する森谷帝二をアーノルド&サンの腕時計を見て思い出したところです。

左右対称のシンメトリックを何よりも美として考える森谷教授の完璧主義はアーノルド&サンのシンメトリックな腕時計を想起させ、逆もまた然りなのでした。

アーノルド&サン タイムピラミッド ステンレス Ref.1TPAS.S01A.C124S

アーノルド&サン タイムピラミッド ステンレス Ref.1TPAS.S01A.C124S



このブランドもまたジャケドローと同じく、品格や歴史、品質に比べて知名度が低く、陰になっている腕時計ブランドの一つで、再興を果たすまで時計作りが休止していた18世紀の時計メーカーです。

スイス発祥の名門が多い中、英国に築かれた時計メーカーで、ブレゲとも親交があったと言います。

当時のアーノルド&サンの腕時計にはブレゲさんが考案したトゥールビヨンが載せられたアーノルドウォッチと呼ばれるものが存在し、今でも時計マニアの人はその名を知っていると思われます。

さて、そんなアーノルド&サンのタイムピラミッドと呼ばれる1本ですが、2つのサファイアクリスタルの間に位置するピラミッド型のムーブメントが宙に浮いているのが特徴的と言われていますが、どこがどういう感じでピラミッドなのか少しわかりにくいのが正直な感想ですw

アーノルド&サン タイムピラミッド 18Kピンクゴールド Ref.1TPAR.S01A.C125A

シンメトリックな文字盤が左右対称が好きな几帳面な人にはたまらないんじゃないかなと思われます。

このダイヤルの上部の両端にあるのがパワーリザーブインジケーターで二つのバレルのエネルギー残量が確認できるようになっています。

シースルーなのでバレルからバレルに動力が伝わる様子が分かるのも面白い仕掛けです。

ツインバレルから生み出されるリザーブ時間は90時間と、安定したトルクを供給し高い精度を保つことにも貢献しているわけです。

44.6ミリという大きなステンレスケースで、定価も300万円を超えるんですが、少し高いなという印象です。

アーノルド&サン タイムピラミッド 18Kピンクゴールド Ref.1TPAR.S01A.C125A

アーノルド&サン タイムピラミッド 18Kピンクゴールド Ref.1TPAR.S01A.C125A



このシリーズにはピンクゴールド素材のモデルも存在しますが、定価は400万円ちょいというステンレスモデルとあまり価格差がないんですね。

それだったら断然ゴールドモデルがおすすめです。

ゴールドを使用しているとやはり資産価値が高いですからね。

1700年代に誕生した時計ブランドですが、まだまだ発展途上でもあるアーノルド&サンのシンメトリックな腕時計ですが、ハードコア向けの富裕層におすすめの1本ですかね