ヴァシュロンコンスタンタンのトゥールビヨンモデルについてお話ししたばかりですが、今日もまたヴァシュロンコンスタンタンのドレスラインの腕時計についてお話ししたいと思います。

ヴァシュロンコンスタンタンの2018年の新作コンプリケーション・トラディショナル トゥールビヨン 18Kピンクゴールド Ref.6000T/000R-B346、トラディショナル トゥールビヨン コレクション エクセレンス プラチナ Ref.6000T/000P-B347とその定価

こちらでトゥールビヨンはやはり高いというお話しをしていましたが、やっぱりヴァシュロンコンスタンタン級の時計ブランドでトゥールビヨンが入ってて、ゴールドやプラチナが使用されているとそのくらいはやっぱりするんですよね。

ただそれがコンプリケーションじゃなかったら、ゴールドやプラチナが使用されていても、比べるとやはり金額がガクッと落ちます。

この価格差はやっぱりすごいなと。

トラディショナル コンプリートカレンダー 18Kピンクゴールド Ref.4010T/000R-B344

トラディショナル コンプリートカレンダー 18Kピンクゴールド Ref.4010T/000R-B344



トラディショナル コンプリートカレンダー コレクション エクセレンス プラチナ Ref.4010T/000P-B345

トラディショナル コンプリートカレンダー コレクション エクセレンス プラチナ Ref.4010T/000P-B345


例えばこれらのコンプリートカレンダーなんですが、トゥールビヨンに比べると機構の価値などから値段が一気に落ち着きます。

カレンダー機構が搭載されているモデルなんですが、ヴァシュロンコンスタンタンなので自動的に永久カレンダーかなと思ってしまいますが、ただのカレンダーです。

大の月、小の月があるので日付調整が必要となるため価格帯もゴールドのほうで440万円、プラチナの方で760万円に抑えられています。

月と曜日が小窓で、日付がポインター式になっています。

あとは6時位置にムーンフェイズがついているのが特徴的ですが、この月の位相を表す機構が好きな人は結構多いのでこれらのモデルも富裕層の中で人気が出そうな新作です。

122年に1日ずれるという精度をもったすごいムーンフェイズが載せられています。

こちらのモデルも41ミリという大きめなケースにジュネーブシールを取得したムーブメント、Cal.2460 QCLが載せられています。

ただこちらのモデルはパワーリザーブが40時間しかなく、ヴァシュロンコンスタンタンらしいと言えますw

やっぱり雲上ブランドのパワーリザーブはやや短めの方がいいかなと思います。

実用性がありすぎても魅力を感じないと思うのは僕だけでしょうか?

というわけで、2018年の新作コンプリートカレンダーモデルのヴァシュロンでした。