最近はシースルーなどのオープンワークの腕時計が増えています。

これまで腕時計と言えば文字盤があってケースバックが閉じられていてというのが一般的でしたが、シースルーバックなどが大流行し、今ではそれが標準になってきました。

今ではムーブメントの正統性を証明するためにも有効的なシースルーバックやシースルーダイヤルはユーザーにとってはうれしい。

ただ、シースルーの文字盤は腕時計の雰囲気をがらりと変えてしまうので中にはあまり好まない人もいます。

この辺は好みの問題だから仕方ないんですけどね。

でも僕はシースルーの文字盤も好きなのは好きです。

綺麗なギョーシエダイヤルやグランフーエナメルの伝統工芸品である文字盤を使用した腕時計などはやっぱりシースルーの文字盤以上に価値があります。

とは言っても最近のシースルー化はやっぱり止められないところまで来ています。

腕時計が透けて、腕が見えるタイプの腕時計も流行っていますから、そういうのが好きな人も多くなっています。

僕はシースルー文字盤の腕時計は好きですが、すべて透けて、腕が見えるタイプのシースルーはあまり好きではありません。

腕の毛が見えてしまい、毛の生えた肌が文字盤代わりになる腕時計なんて美しくないですからねw

ゼニス エルプリメロ グランドデイト フルオープン レザーストラップ Ref.03.2530.4047/78.C813

ゼニス エルプリメロ グランドデイト フルオープン レザーストラップ Ref.03.2530.4047/78.C813



45ミリのステンレス製のゼニスの1本。

毎秒10振動という高速振動するご存知エルプリメロを搭載したオープンワークのクロノグラフ。

最近流行りのオープンワークを文字盤にも採用した1本で、文字盤の素材は風防の素材と同じ、サファイアクリスタルを使用しています。

サファイアガラスで2重コーティングされている感じのなんとも不思議なモデル。

ですから、中のムーブメントや回転ディスクの様子がよく見えるようになっているんですね。

ちなみにレザーストラップの裏側にはラバーが縫い付けられていて、装着感を高める工夫がなされています。

ゼニス エルプリメロ グランドデイト フルオープン ステンレスブレスレット Ref.03.2530.4047/78.M2530

ゼニス エルプリメロ グランドデイト フルオープン ステンレスブレスレット Ref.03.2530.4047/78.M2530



そしてこのシリーズにはステンレスブレスのモデルも存在します。

レザーストラップの代わりに搭載されたステンレスブレスのおかげでまるで違った雰囲気を醸し出している1本。

言い忘れてましたが、このモデルにはムーンフェイズも搭載されています。

ゼニスとムーンフェイズはあまりイメージにないですが、これも最近の流れということでしょうか。

文字盤にサファイアクリスタルを使用した面白い1本なのでした。