全身黒い、オールブラックなウブロのブラックマジック・おすすめのモデルどんなやつ?・クラシックフュージョン ブラックマジック Ref.511.CM.1770.RX、セラミックブレスレット Ref.542.CM.1770.CM

0
全身黒い、オールブラックなウブロのブラックマジック・おすすめのモデルどんなやつ?・クラシックフュージョン ブラックマジック Ref.511.CM.1770.RX、セラミックブレスレット Ref.542.CM.1770.CM

僕が時計好きになって、少ししたあと、ウブロという存在に魅了されていきました。

僕がウブロの時計にやられたのはブラックマジックと呼ばれる真っ黒いクラシックフュージョンでした。

とにかくすべてが黒いんですよね。

視認性なんかあったもんじゃないw

時計としてのウブロよりも、ウブロとしてのウブロ、つまり独自の方向性に向かう、ぶれない姿勢に魅了されていきました。

全身黒く、時計が読めなくても、そこには高級感のかたまりのような漆黒のウブロがありました。

僕はそのあたりに惚れ惚れしたわけですが、現在ではこのウブロのブラックマジックよりも視認性が悪いベル&ロスのファントムと呼ばれるモデルなどもありますが、あれもあれでかっこいい。

しかしパイオニア的存在であるウブロのブラックマジックを打ち破ることはなかなか難しいのです。

ベル&ロスの視認性を無視した真っ黒で、オールブラックなファントム・Ref.BR03-92、クロノグラフ Ref.BR03-94、Ref.BR123、クロノグラフ Ref.BR126

ベル&ロスの真っ白いホワイトアウトな腕時計・ファントム アビエーション ホワイトセラミック Ref.BRS-WHC-PH/SRB

こちらでそれぞれ黒と白のファントムについて書いているので良ければ参考にどうぞ。

というわけなんですが、やはり全身黒い腕時計は各社出したり出さなかったりしていますが、僕にとって一番はやはりウブロのブラックマジック。

シャネルのJ12やベル&ロスのファントムも確かにかなり魅力的。

あれば絶対毎日つけちゃう代物なんですが、ウブロのブラックマジックを今日は見てみたいと思います。

クラシックフュージョン ブラックマジック Ref.511.CM.1770.RX

クラシックフュージョン ブラックマジック Ref.511.CM.1770.RX

ウブロ HUBLOT クラシック フュージョン ブラックマジック 511.CM.1770.RX 【新品】 時計 メンズ
[取り寄せ 価格は前回販売時のもの] ●詳細● ●ウブロ モデル:クラシック フュージョン ブラックマジック …

ということでまずはこのクラシックフュージョンのブラックマジック。

やはり僕のおすすめはノンクロノグラフの1本。

一番ブラックマジックの良さや時計本来の良さがわかるのがノンクロノグラフ。

チタンとセラミックがケース素材に使用され、文字盤にはカーボンダイヤルが使用された異素材を融合した当時の先駆的1本。

フュージョン、つまり融合の名前の由来となっているのがこの異なった素材を混ぜていることから。

異素材ウォッチのパイオニアとして、今でもずっと人気があるモデルです。

クラシック フュージョン ブラックマジック セラミックブレスレット Ref.542.CM.1770.CM

クラシック フュージョン ブラックマジック セラミックブレスレット Ref.542.CM.1770.CM

ウブロ HUBLOT クラシック フュージョン ブラックマジック 542.CM.1770.CM 【新品】 時計 メンズ
[SOLD OUT 価格は前回販売時のもの] ●詳細● ●ウブロ モデル:クラシック フュージョン ブラックマジック …

そしてこれ。

ウブロと言えばレザーストラップかラバーストラップが一般的ですが、ブランド全体でも珍しいブレスレットタイプのウブロもまた乙です。

セラミック製のケースとブレスレットなので、硬質で傷がつきにくい仕様になっています。

やはりブレスレットはぶつけるものですから、ラバーやレザーのようにはいきません。

セラミックの硬質素材を使っていれば多少傷はつきにくく、シャネルのJ12のような全身セラミックな腕時計を探している人にもおすすめできます。

というわけで僕がショーウィンドウで惹かれたウブロのブラックマジック。

今見てもまだかっこいいと思う一目惚れなのでした。

image by spiritandfleshmag.com

関連性のある記事