オメガの腕時計にはゴールドじゃらじゃらな腕時計というイメージがあまりありません。

ジャラジャラしたゴージャスな腕時計が悪い印象で言われるのがロレックスの『金無垢』デイトナ。

実はこの金無垢という言葉はジュエリーや腕時計に関してはほとんど正しくありません。

金無垢という意味は無垢の金、つまり100パーセント金が使用されているという意味なんですが、アクセサリーや腕時計のケースに使用されている金はメッキを除いてw、ほぼすべてが18Kです。

18Kというのは金の含有率を24で分割した場合にどのくらいその素材に入っているかというのを表していて、

18Kの場合、18/24K(カラット)という意味なので18K素材の場合75パーセントが純金の含有量になります。

残りの25パーセントにどんな素材を使用しているかによって、ケース素材やアクセサリーの色合いや強度が変わってきます。

例えば、ロレックスが生み出すエバーローズゴールドなどは残りの25パーセントにプラチナなどを配合していて、銅などの含有量が少ないので、褐色しにくく耐蝕性にも富んだゴールドが出来ているんですね。

この残りの25パーセントが各社のゴールド素材に変化をもたらし、企業秘密になっていたりします。

というのが金無垢と呼ぶのは正しくないという理由なんですが、ゴールド素材のじゃらじゃらしたロレックスの腕時計に偏見がいまだにあるのは少し残念な気がします。

近年ではゴールドに対する抵抗が日本でも大分薄くなってきましたから、外国人投資家などが日本で売られているゴールド素材の腕時計に注目していましたが、これからは日本と海外のゴールドウォッチの価格差がどんどん縮まっていくんじゃないでしょうか?

その証拠に、ロレックスの18Kのブレスレットタイプのじゃらじゃらデイトナの価格を追っていると、300万円以下で買えていたものが今では350万くらい、もしくは400万円を超えたりします。

そこまで高いと多くの人は手が出ません。

買えたとしても腕時計にそこまでのお金を突っ込む人はあまりいません。

たしかに投資目的として、ゴールドを保有資産として購入するのはかなり有効的な手段なんですが、あまりに高い。

そこで代替手段として挙げられるのが、ロレックスではなく、オメガのスピードマスターの18Kゴールドモデルを購入すること。

スピードマスター デイデイト Ref.323.50.40.44.02.001

オメガ OMEGA スピードマスター デイデイト 323.50.40.44.02.001 【新品】 時計 メンズ
[SOLD OUT 価格は前回販売時のもの] ●詳細● ●オメガ モデル:スピードマスター デイデイト 型番:323.50.…

スピードマスター デイデイト Ref.323.50.40.44.01.001

スピードマスター デイデイト Ref.323.50.40.44.01.001

オメガ OMEGA スピードマスター デイデイト 323.50.40.44.01.001 【新品】 時計 メンズ
[SOLD OUT 価格は前回販売時のもの] ●詳細● ●オメガ モデル:スピードマスター デイデイト 型番:323.50.…

オメガ OMEGA スピードマスター トリプルカレンダー 323.50.40.44.01.001 18KPG 40mm 新品
オメガ,OMEGA,スピードマスター,トリプルカレンダー,323.50.40.44.01.001,18KPG,40mm,新品

スピードマスター デイト Ref.323.50.40.40.02.001

スピードマスター デイト Ref.323.50.40.40.02.001

オメガ OMEGA スピードマスター デイト 323.50.40.40.02.001 【新品】 時計 メンズ
[SOLD OUT 価格は前回販売時のもの] ●詳細● ●オメガ モデル:スピードマスター デイト 型番:323.50.40.4…

OMEGA SPEED MASTER オメガ スピードマスターデイト YGケース 323.50.40.40.02.001

スピードマスター デイト Ref.323.50.40.40.01.001

スピードマスター デイト Ref.323.50.40.40.01.001

オメガ OMEGA スピードマスター デイト 323.50.40.40.01.001 【新品】 時計 メンズ
[SOLD OUT 価格は前回販売時のもの] ●詳細● ●オメガ モデル:スピードマスター デイト 型番:323.50.40.4…

OMEGA SPEED MASTER オメガ スピードマスターデイト PGケース 323.50.40.40.01.001

こういうやつ。

じゃらじゃら時計のイメージはロレックスばかりでしたが、実はオメガにもじゃらじゃらした腕時計が存在しますw

しかも結構安い。

ケースサイズは40ミリと、ロレックスのデイトナと同じ。

金の使用量はおそらくデイトナとほぼ同じでしょうから、ここまで価格差が開くと少々考えてしまう。

ロレックスの魅力は時計自体が投資対象の存在になるので、時計自体にオメガ以上の価値があります。

そんな付加価値で吊り上がった価格がこの差というわけですが、ゴールド素材への投資としてはオメガのスピードマスターも候補として挙げられるんじゃないかなと。

近年オメガは多数のスピードマスターをモダンな味付けにして販売しています。

徐々にですが、スピードマスターのみならず、その他のモデルの価格も上昇しているので、スピードマスターの価格も数十年後には今以上になっていることが予想できますが、クオーツショックなどのようなことがまたおらないとも限りませんけどねw

ただそういう場合でも18K素材の腕時計を持っているというのは安全資産を保有していることですから、ゴールドの腕時計をもっているというのはメリットたっぷりなのです。

というわけで、18K素材のスピードマスターも資産形成に有効なんじゃないかなと。