さて、ウブロと言えば世界中の有名人やアスリートが使用している腕時計ですが、このブランドの腕時計の魅力はいったい何でしょうか?

簡単に腹を割っていえば、みんなが持っているということでしょうか。

というのも、富裕層がみんな持っているので、そのブランドやシリーズに価値が出てくるわけです。

キムタクが愛用していたエクスプローラーIの人気も、ドラマ着用で一気にバカ売れするようになりましたが、ああいった感じです。

カッコいい有名人や、綺麗な女優が着用したものはそりゃあ売れに売れまくりますからね。

さて、それはウブロの企業戦略で、世界中のアスリートや有名人限定モデルのビッグバンを作って宣伝した効果があって今のような超絶人気が出てきたウブロなんですが、

ウブロには主に2種類の人気シリーズが存在します。

クラシックフュージョンとビッグバン。

シャープでまとまりのあるクラシックフュージョンに対し、遊び心と豪快さが感じられるビッグバンですが、ことビッグバンに限っては50代、60代でも全然問題なく使っていける腕時計だと思うのです。

ウブロのクラシックフュージョンを長く使うなら、3針かクロノグラフかどちらがいいでしょう?

僕はこちらの記事で、クラシックフュージョンのクロノグラフは50代の男性には向かないとお話ししているので、クロノグラフモデルばかりであるビッグバンを50代以上の男性にすすめるのは矛盾していることのように感じます。

しかし、クラシックフュージョンのクロノグラフにくらべ、ビッグバンの腕時計は遊び心があって、逆に人生を楽しんでいる人のようなオーラが出るわけです。

僕も数年前に70の大台に乗ろうかという富裕層の人がシャネルのセラミック製のJ12を着用していて、若いなあと感心したものでした。

その人は船を所有するくらいのお金持ちで、肌も黒く焼けていましたが、白いセラミック製のシャネルの腕時計が妙に印象に残っています。

ウブロのビッグバンもそういう感じで、遊び心と若さを感じさせるタイプの腕時計なので、逆に50代以上の男性にこそ愛用してほしいと思います。

まとめ

まとめると、ウブロは世界中で成功した人が欲しくなって買っちゃう腕時計の一つだと言われています。

その他にはロレックスとかオーデマピゲですかね。

パテックフィリップの腕時計もそうですが、価格帯がさらに高額なので本当の意味で成功しないと難しいと言えば難しい。

ですが、ロレックスやウブロの腕時計なら一般的なサラリーマンが貯金したら割と簡単に変える価格帯です。

特に独身の男性や、40代を超えてお金に余裕が出てくるようになった男性なら特にそういった嗜好品を買い求めるようになります。

そうなったときにずっと使っていけるタイプの腕時計が欲しくなると思うのですが、ウブロのビッグバンなら世界で認められたステータスがありますから、男性としては持っててすごくうれしいと思います。

明石家さんまさんが50代で着用していたのがビッグバンで、知名度も今では抜群に高い存在になっています。

芸能人やサッカー選手、そして野球選手と、みんなが愛用しているビッグバンで、マラドーナもウブロの腕時計を両手に着用しています。

ビッグバンに限っては年齢層はあんまり関係ないんですね。

高いステータスと人気がそこにありますから。