さて、タグホイヤー。

スポーツと切っても切れないスイスの名門スポーツウォッチメーカーのタグホイヤー。

もともとホイヤーという社名で時計を作っていた。

70年代のクオーツショックのためかホイヤーは80年代にはタググループの傘下に入り、

社名をタグホイヤーとした。

つまりタグをとったらホイヤー(古い=アンティーク)になるわけだ。

うまい!

そんなタグホイヤーはテニスにモーターレースにとスポンサー業が盛んで知名度も抜群に高い。

錦織圭選手もアンバサダーになっている。

プライベートでもアクアレーサーのファンだったり、

クリスティアーノロナウドもタグホイヤーの普通のクロノグラフが好きだったりする。

カレラ 1887 CAR2A10.FC6235



このカレラ。

タグホイヤーの良いところはすごい精度や強度のある時計をとてもリーズナブルな値段で売り出しているところ。

最近では新しい透け透けムーブメントを開発したり、グレード2チタンをケースに使用したりと時計作りに余念がない。

中でもレッドブルとコラボしたモデルは青くスポーティで僕のおすすめだ。

タグホイヤーはこういったクロノグラフを得意とするブランドで、

グランドカレラ、カレラ、リンク、モナコ、アクアレーサー、フォーミュラワ1と全種類でクロノグラフが存在する。

もともと定価が割と安いほうでフォーミュラ1のクオーツなら10万円は優に切っている。

場合によっては自動巻きのフォーミュラ1も10万円を切っていることがある。

でもまず10万円以下のモデルを見てみましょう。

1. 10万円以下のタグホイヤー

a. クオーツ(電池式)

フォーミュラ1


アクアレーサー
タグ・ホイヤー TAG HEUER アクアレーサー 300m WAY1111.BA0910 【新品】 時計 メンズ

と、こんな感じでクオーツなら新品でも10万円以下でタグホイヤーが買えてしまう。

フォーミュラ1に限っては7万円台だったりすることもあり良心的なモデルなのだ。

しかも結構かっこいい。

b. 自動巻き

フォーミュラ1


10万円以下の自動巻きとなると、フォーミュラ1しか新品では買えないが、

このモデルな大合格だ。

実物を腕にしたことがあるが、がっしりしていて重みがある。

高級時計をしているという重みと、あのスポーティな顔が気に入り、

しばらく友人から借りていた。

2. 10万円台(20万円以下)のタグホイヤー

c. クオーツ(電池式)

フォーミュラ1


リンク


アクアレーサー


なるほど、20万円以下でクオーツなら相当良いモデルが買えそうだ。

バリエーションの幅も広がり、選択肢がぐっと増える。

さて、最後は10万円台(20万円以下)の自動巻き。

d. 自動巻き

フォーミュラ1


アクアレーサー


カレラ


なるほど、なるほど。

自動巻きならこの価格帯ではクオーツより選べるモデルが多そうだ。

自動巻きが良いかクオーツが良いかは個人の利用用途によっても違うが、

予算を10万円台とするならよりモデル展開が広く、カレラも範疇に入ってくる。

ただクオーツモデルにしかないデザインなどもある。

時計はこういう選ぶ時が一番楽しいのかもしれない。

ただ10万円以下で新品の自動巻きフォーミュラ1が買えてしまうことには驚いた。

タグホイヤー フォーミュラ1 キャリバー5 WAZ2011.BA0842 新品 メンズ 腕時計

これが10万円以下の自動巻きフォーミュラ1。

この中で僕が一番おすすめするモデル。

タグ・自動・安

ほんとあなどれない。