かなりの演技派俳優である香川照之さん。

僕は『るろうに剣心』の映画版で武田観柳 (たけだかんりゅう)役を演じる香川照之さんを見て、さすがにうまいなと感心してしまった。

あの役はアニメとは少々イメージが違いますが、あの悪い男の役は素晴らしいとしか言いようがなかった。

その他にもいろいろなテレビドラマで名わき役を務める香川さんの腕時計はどんなだろうとみていると、なかなかオシャレな腕時計を持ってらっしゃる。

ということでまずは1本目。

ロンジン マスターコレクション オートマティック Ref.L2.628.4.51.7

ロンジン-マスターコレクション-オートマティック-Ref.L2.628.4.51.7



まずはロンジン。

ロンギネスと書いてロンジンと読むわけですが、最後のSは発音しない、のはフランス式。

数々の時計の賞を受賞してきた名門ロンジンの腕時計はアインシュタインも愛用していたブランド。

香川照之さんが所有しているマスターコレクションは価格もスイスの腕時計にしてはかなり低めの30万円以下で買えるやつで、

自動巻きのムーブメントが搭載されたローマンインデックスが大人っぽくまとめられたブラックダイヤルがかっこいい1本。

針の形もリーフ型が採用されているので、やはりデザインは大分高級な感じ。

歴史あるブランドなので、安価でも、伝統は十分に感じられます。

『小さな巨人』で着用されていたモデル。

ちなみにケースサイズは39mm。

オメガ シーマスター アクアテラ アリゲーターレザー Ref.231.13.42.21.02.001

オメガ シーマスター アクアテラ アリゲーターレザー Ref.231.13.42.21.02.001



次はオメガのシーマスター。

アクアテラと呼ばれるモデルで、シーマスターの中でもクラシックなデザインをしています。

デヴィルにも近いデザインかもしれない。

文字盤は縦のエングレービングがされていて分針はブロードアローになっている。

150メートルの防水性があるこのモデルにはオメガの名機Cal.8500が内蔵されています。

コーアクシャルが入ったやつ。

このモデルは香川さんが『ダブルフェイス 潜入捜査編』が着用していたのがこれ。

このモデルも大人っぽい。

ドレス系ウォッチなんですが、いい感じにスポーツっぽいところが微妙にブレンドされている感じ。

オメガ デヴィル アワービジョン 年次カレンダー Ref.431.33.41.22.03.001

オメガ デヴィル アワービジョン 年次カレンダー Ref.431.33.41.22.03.001



このモデルはアニュアルカレンダーと呼ばれる年次カレンダーが搭載されたモデルで、31日がない次の月に日付設定をしなくても良い便利なモデル。

閏年とかあるので3月の月初めに日付変更をしないといけませんが、それでもかなり実用性のある機能がついています。

ぱっと見だとシーマスターに似ているんですがドレス系にオメガのスポーツっぽさが少し加わった都会的な1本。

なんといっても年次カレンダーが一番の特徴ですかね、このモデルは。

『99.9―刑事専門弁護士―』で着用されていたモデル。

オメガ シーマスター アクアテラ 15000ガウス Ref.231.12.42.21.01.002

オメガ シーマスター アクアテラ 15000ガウス Ref.231.12.42.21.01.002



そして、またもやシーマスター。

このモデルもさっきのシーマスターと比べると文字盤の色は違うんですが、ブロードアローハンドや縦のストライプ文字盤は共通。

この感じがすきなんですかね、香川さんは。

オレンジのアクセントも確かに時間の見やすさには二役くらいかっている。

ちなみに耐磁性能は15000ガウスもある。

1200000A/mとも表記されますが、この値はロレックスのミルガウスの15倍。

この耐磁性はかなりすごい。

その秘密はムーブメントにある。

金属部品がすごく少ないという言葉でまとめられるんですが、これを実現するにはものすごい労力がいったわけです。

MRIの中でも影響をほぼ受けないくらいの耐磁性だそうだ。

このモデルも『99.9―刑事専門弁護士―』で香川さんが着用していたモデル。

基本的にデザインはどれも似ている。

こういう感じで香川照之さんは大人っぽいちょいスポのドレスウォッチが好きみたい。