元プロレスラーで『PRIDE』の統括本部長である高田延彦さんの腕時計・オーデマピゲ ロイヤルオーク Ref.15400ST.OO.1220ST.02、フランクミュラー コンキスタドール グランプリ クロノグラフ Ref.9900CCGP ER

高田延彦さんは元、プロレスラーで、テレビにも引っ張りだこな芸能人でもあります。

『PRIDE』の統括本部長ということでも有名です。

現在ではバラエティ番組とかによく出るタレントのような感じですが、高田さんが持っている腕時計がなかなかすごい。

ということで高田さんの腕時計1本目。

オーデマピゲ ロイヤルオーク Ref.15400ST.OO.1220ST.02

オーデマピゲ ロイヤルオーク Ref.15400ST.OO.1220ST.02

出ました、オーデマピゲ。

このオーデマピゲというやつはくせ者で、いろんな人のハートを奪っていきます。

かくいう僕も被害者w

なんでロイヤルオークってこんなにもかっこいいんだろうと、いつも思ってしまう。

このモデルは2012年に登場したモデルで、オーデマピゲ誕生40周年目にあたるモデル。

ケースサイズも39mmから41mmに大型化し、現代化したロイヤルオークがこの1本。

ケースはステンレス、文字盤は白といういたってプレーンなだけに、オーデマピゲの性格を見事に表しています。

このシリーズの特徴は8角形のケースと6角形のベゼル、そしてタペストリー文字盤。

これらが組み合わさると最高に美しい複数角形のポリゴン体ウォッチが出来上がります。

ブレスレットのコマのつなぎ方も独特だし、なんというか癖があってその癖がたまらなくアディクティブなのがロイヤルオーク。

シースルーケース裏蓋から見えるオーデマピゲのローターは素晴らしくかっこいい。

エンブレムみたいな感じですかね。

『ヒルナンデス』で高田さんが着用していたのがこれ。

41mmでも高田さんにはちょうど良い大きさですね。

フランクミュラー コンキスタドール グランプリ クロノグラフ Ref.9900CCGP ER

そして2本目はフランクミュラーのコンキスタドールのクロノグラフ。

ヴァンガードにちょっと似ていますがそれよりも近未来的なデザインをしています。

征服者を意味するコンキスタドールですが確かに世界征服してやろうとしているジオン軍の腕時計にも見えないこともないw

マグネシウム、コッパー、シルバー、チタニウム、アルミニウム、ジルコニウムの6種類の素材を混ぜた合金『エルガ』をケース素材に使用しているのも特徴です。

そこまで混ぜる必要があるのかわかりませんが、デザインはとにかくかっこいい。

リファレンスの最後につくERもエルガのことなんでしょうかね。

ということで高田さんの腕時計もレベルの高いモデル2本。

なかでもおすすめはロイヤルオーク。

まあどっちも好きですが、スタイルが違うので、場面に合わせて使い分けれます。