ロレックスが時計に使用する904L スーパーステンレス・316Lと成分などの違いを比較

ロレックスがケース素材に採用している素材に、

904Lと呼ばれる、ステンレスがあります。

実はこのステンレス、

スーパーステンレス

と呼ばれる、高価な素材でして、

普通のステンレスの上の上を行く高価で価値のある物質なのです。

通常、一般的に広まっている時計のステンレス素材は、

304と呼ばれる、キッチンのシンクなどで使われるようなステンレス。

その304に

モリブデン

を加えたものが、

316と呼ばれるステンレス。

そして、その316の炭素の含有量を減らしたのが、

316Lと呼ばれる、

医療用のメスなどに使われるステンレス

です。

そのステンレスを更に錆びにくい様に改良したのが

スーパーステンレスと呼ばれる904L

です。

316Lと904Lの大きな違いを比較してみると、

クロムという成分の含有量でしょうか。

316Lのクロム含有量が18%に対し、

904Lのクロム含有量は21%と、

904Lは、より金属アレルギー、強度に優れ、腐食に強い窒素を含んだステンレス鋼というわけです。

そして硬い。

鍛造で練り上げ、きめの細かいステンレスを磨くわけですから、

仕上がりはやはり綺麗になるわけです。

といったわけで、904Lのステンレス価格はやはりどうしても高騰してしまうわけです。

そして、ロレックスはこの904Lを90年代初頭に採用し始めました。

しかもすべてのモデルの時計に採用するという、

モデルによって手を抜かない姿勢をとっています。

これがロレックスがロレックスたる所以なのです。

904L ロレックス

ロレックス 116500LNの価格を見る

ということでこちらの新型デイトナ、

Ref.116500LN

も当然904Lが使われています。

このリファレンス末尾のLNはベゼルが黒いことを意味するわけですが、

デイトナのステンレスモデルで黒いベゼルは今までなかった。

新型デイトナは価格も高騰しています。

まあかっこいいからしょうがないんですが。。。

Ref.116500LNのレビュー動画です。

白文字盤と黒文字盤の比較動画です。

白文字盤。

やっぱりバランスが良い。

黒文字盤の方は、悪い男感がちょっと出ていてこっちもグー。

116500LN 白文字盤

116500LN 黒文字盤

白ダイヤルと黒ダイヤル、どちらがお好みですか?