パネライ・グレード2チタン製のルミノール・金属アレルギーにおすすめ

金属アレルギーでもスイスやドイツ、イタリアの高級腕時計をしたいものです。

高級腕時計によく使われている一般的な医療用ステンレス。

316Lと呼ばれるステンレス鋼で、

ステンレスの中では高価なほうです。

しかしここはあえて、

よりアレルギーを起こしにくいチタンという選択があります。

チタンの腕時計はあまり見かけません。

どうやら加工が難しいようですね。

硬いのとさびにくい、

そして軽い。

メリットも多いですが、作るのが難しい。

となると価格も上がってしまいます。

しかし金属アレルギーなら出来るだけリスクは避けたい。

ということでお勧めするのはパネライですね。

チタンの腕時計はスイスメーカーもちょこちょこ作っていますが、

パネライのルミノールがデザイン的にも断然おすすめです。

そしてケースには純チタンのグレード2チタンという素材を使用し、

通常の合金グレード5チタンはベゼルに使用している。

グレード2チタンは純度の高いチタンで、粘り気があり加工がしにくい。

高級感を出すには難しい素材だが、グレード5の合金に比べると、

グレード2はアレルギー反応を起こしにくい。

やっぱりマットな光沢がチタンっぽくていいですね。

茶色いストラップが素晴らしい。

まとめ

まとめると、金属アレルギーは怖いです。

金属アレルギーがない人でも金属アレルギーいつなるかわからなかったりします。

特に粗悪な素材をしようした安物の腕時計とかだったら本当に気を付けたほうが良いでしょう。

ただチタンも完全に金属アレルギーを起こさないかと言えば100パーセント確実ではないんですね。

金属物質である以上、完全に金属アレルギーがないかと言えばそうじゃありませんから、やはり注意が必要なのは必要なんですね。

それでも、パネライはチタン製の腕時計をバリエーションを増やすためだけじゃなく、積極的に腕時計に取り入れているパイオニア的ブランドでもあったりします。

チタンを使用した腕時計ブランドは結構ありますが、パネライほどチタンのモデルをたくさん作っているブランドは珍しいかもしれません。

金属アレルギーには確かに一番有効的な金属物質であるチタンですから、一つの代替案としてもおすすめなのはおすすめですね。

金属アレルギーの人用の腕時計のランキングです。

金属アレルギーには金属を使用しない腕時計が一番ですから、ブライトリングの腕時計とかもそういった面ではおすすめです。

良ければ参考にどうぞ。