パネライ・ルミノールベースとルミノールマリーナの違い

パネライの腕時計は全部似ている。

こんな言葉をよく聞きます。

実際、似ています。

w

実物を見て比べない限り違いがあんまり分かんないし、みても気づかないことが多いんですよね。

実際、間違い探しのような時計なんですが、

ルミノールベースとマリーナの違いを簡単に説明すると、

2針か3針かということでしょう。

ルミノールベース

これが普通のルミノール、ルミノールベースで、

時針と分針しかありません。

動画だとこんな感じです。

本物はもっとかっこいいですよ。

そして次は、

ルミノールマリーナ

でこれがルミノールマリーナなんですけど、スモールセコンドと呼ばれる、

秒針がついています。

これが大きな違いですね。

どちらが良いかといわれると難しいですが、

個人的にはマリーナの3針のやつの方が好きです。

今何秒かも知りたいし、あったほうが時計のデザイン的にバランスが取れています。

こちらがルミノールベースです。

シンプルイズザベストのような腕時計。

ルミノール ベース

そしてルミノールマリーナ。

ルミノール マリーナ

以上が違いですが、

個人的には、やっぱりスモールセコンドがある3針のモデルの方が、

味があってよいかなと。

しかしレトロなほうが好きな人は、ルミノールベースの方が断然おすすめですかね。

追記: 2018/10/14


こういう感じで、議論が分かれたりするんですね。

針無しか針付か。

今の僕の心境では針がないほうが好きですかね。

よりシンプルで、よりパネライの美味しいサンドイッチを味わえるという意味でも。

パネライのサンドイッチ文字盤についてはこちらで説明しているので良ければどう。

あと、2針だと左右対称ですから、腕時計がきれいに見えるんですね。

几帳面な人ほどシンプルなものが好きな傾向がありますから、そういう人には2針のベースがおすすめです。

よりパネライを味わうという意味でもそっちの方がおすすめですかね。

秒数がないと心地悪いという人も中に入るでしょう。

たしかに秒数があると、時計が止まっているのが動いているのかがすぐにわかるというメリットもあります。

何かしていて時計が止まっているのに気づかないという失態も少ないでしょう。

特に手巻きになると巻き忘れなどで止まっていることがあるでしょうから、スモールセコンドがあるほうが実用性は格段に高いです。

デザイン、シンメトリシティをとるか実用性をとるかの違いですかね。

PAM00001 3針

PAM00002 2針

PAM0000系は古いですから、貴重ですよ。

image by blog.trashness.com