41ミリのステンレスケースのロイヤルオークのおすすめのポイント・黒文字盤 Ref.15400ST.OO.1220ST.01、白文字盤 Ref.15400ST.OO.1220ST.02、青文字盤 Ref.15400ST.OO.1220ST.03

世界3大時計ブランドといわれるとやっぱりぐっと来ます。

オーデマピゲって高いんじゃないの?

ってお思いのあなた、正解w

実際高いのは高いんですが、そこまで目玉が飛びでるほどの価格じゃありません。

雲上ブランドの腕時計にしては格安ともいえる価格。

ということで今日はステンレスモデルのおすすめロイヤルオークを紹介したいと思います。

何でおすすめかって?

そりゃあ俺が欲しいからだよーー!!!

なステンレスタイプ。

ステンレスだと新品でも200万円以下であのロイヤルオークが買えちゃいます。

ロイヤルオーク 41mm 黒文字盤 Ref.15400ST.OO.1220ST.01

ロイヤルオーク 41mm 黒文字盤 Ref.15400ST.OO.1220ST.01

このモデルは何もないただの3針ウォッチのデイト付きの1本。

これがいいんですよね、僕としては。

個人的にはクロノグラフよりもノンクロノグラフがロイヤルオークでは好きなんですが、普段使いの最強の実用時計の1種としても数えられロイヤルオークのステンレスモデルがこれ。

2012年にロイヤルオークの誕生40周年を祝って登場したのが41ミリのロイヤルオークなんですが、このモデルも41ミリとロイヤルオークにしては大きいモデル。

今ではこのサイズが標準化していますが、ゴールドケースじゃないので大きくても価格がめちゃくちゃ上昇することはありません。

そこがステンレスモデルの良いところ。

大きさが価格に左右されない。

ということで41ミリのブレスタイプの1本なんですが、時計が大きいのとブレスタイプであるのとで、存在感を示しています。

ロレックスのデイトナともライバル関係でもあるロイヤルオークですが、僕は断然ロイヤルオーク派。

光り方もデイトナよりもギラギラした感じで、シンプルなのにゴージャスなんですね。

ロイヤルオーク 41mm 白文字盤 Ref.15400ST.OO.1220ST.02

ロイヤルオーク 41mm 白文字盤 Ref.15400ST.OO.1220ST.02

そしてさらに無垢な感じのが白文字盤の1本。

41ミリでブレスタイプでギラギラしてるけど白いタペストリーダイヤルが手が込んでてこのモデルも良い。

黒文字盤もタペストリーなんですが、ホワイトダイヤルが好きな人にももちろんこのモデルが用意されています。

ロイヤルオーク 41mm 青文字盤 Ref.15400ST.OO.1220ST.03

ロイヤルオーク 41mm 青文字盤 Ref.15400ST.OO.1220ST.03

そして3本目はブルーのタペストリーダイヤル。

これが人気。

青い文字盤を使用した高級仕様のカラーダイヤル。

僕は青とかネイビーダイヤルが好きな人をしっていますが、黒や白だとだめらしいw

僕は黒文字盤が一番好きですが、冷たい感じでクールなブルーの文字盤の良さがわからないほど無骨ではありませんw

多分。。

大きいサイズのステンレスタイプの高級時計を探している人はぜひロイヤルオークをごり押ししている僕w

お店とかで本物を見てみるとその良さに感動するんじゃないでしょうか?

まあでも8角形の腕時計は好き嫌いが分かれますから断言はできませんがロイヤルオークはじわじわ来ます。

こない人もいますw