2018年に発表されたオーデマピゲの新作ロイヤルオーク オフショア クロノグラフ ステンレス x ダイヤモンドベゼル 42mm・白文字盤 Ref.26231ST.ZZ.D010CA.01、黒文字盤 Ref.26231ST.ZZ.D002CA.01、青文字盤 Ref.26231ST.ZZ.D027CA.01、オレンジ文字盤 Ref.26231ST.ZZ.D070CA.01、イエローグリーン文字盤 Ref.26231ST.ZZ.D038CA.01、ピンク文字盤 Ref.26231ST.ZZ.D069CA.01、紫文字盤 Ref.26231ST.ZZ.D075CA.01

ダイヤモンドが好きですか?

唐突ですが、腕時計にダイヤモンドが埋め込まれたモデルが好きな人はいるでしょうか?

僕はダイヤモンドについては割とニュートラルです。

格別ダイヤモンドベゼルとかが好きというわけではないですが、嫌いなわけでもありません。

ダイヤモンドベゼルはゴージャスでいいんですが、どうしても腕につけるには抵抗があるのは確か。

なんてたってぶつけたときの心配をしなくちゃいけないというビビりな性格がもろ出てくるわけですw

しかし2018年のオーデマピゲの新作に、

そんな思いも吹き飛ばしてくれるかっこいいダイヤモンドベゼルのロイヤルオークが存在します。

ロイヤルオーク オフショア クロノグラフ 42mm 白文字盤 Ref.26231ST.ZZ.D010CA.01

ロイヤルオーク オフショア クロノグラフ 42mm 白文字盤 Ref.26231ST.ZZ.D010CA.01

このモデルなんですが、最初見たときの印象は、ロイヤルオークオフショアではなく通常のロイヤルオークだと思えるくらい綺麗だなということ。

今見ても少し戸惑いそうですが、ロイヤルオークオフショアの特徴であったメガタペストリーが小さくなったことでかなりドレスウォッチに近づいたスタイルへと変貌しました。

2018年の新作モデルであるオフショアクロノグラフですが、オーデマピゲの快進撃ともいえる綺麗な腕時計が2017年もそうでしたが、どんどん発表されています。

このモデルのダイヤモンドベゼルならぶつける心配もあるんですが、どんどんガシガシ使っていきたいという衝動にかられそうなくらい綺麗なスタイルをしています。

これは売れるでしょうね。

そんな予感がします。

なんてたって大人気のホワイトダイヤルにブルーインダイヤルのツートーンですから。

アイキャッチ的な1本です。

ロイヤルオーク オフショア クロノグラフ 42mm 黒文字盤 Ref.26231ST.ZZ.D002CA.01

ロイヤルオーク オフショア クロノグラフ 42mm 黒文字盤 Ref.26231ST.ZZ.D002CA.01

そして2本目は黒い奴なんですが、黒いモデルは鉄板。

同じくブラックアリゲーターストラップと併せられたシックな一本。

一番無難なカラーリングという感じですかね。

僕はもうちょっと冒険したスタイルが好きですが。。

ロイヤルオーク オフショア クロノグラフ 42mm 青文字盤 Ref.26231ST.ZZ.D027CA.01

ロイヤルオーク オフショア クロノグラフ 42mm 青文字盤 Ref.26231ST.ZZ.D027CA.01

そして3色目は大人気のブルーダイヤル。

本当に人気が高いのはブルーダイヤルで、ロイヤルオークにブルーダイヤルをチョイスする人が増えてきています。

近年腕時計にいろいろな素材やカラーを使用するメーカーが増えてきていますが、最近の流行りはブルーやグレー。

高級仕様の腕時計にブルーが併せらた腕時計が増えています。

ロイヤルオーク オフショア クロノグラフ 42mm オレンジ文字盤 Ref.26231ST.ZZ.D070CA.01

ロイヤルオーク オフショア クロノグラフ 42mm オレンジ文字盤 Ref.26231ST.ZZ.D070CA.01

そしてオレンジ文字盤のちょっと美味しそうな冒険したモデル。

こっちの記事でも紹介していますが、2017年にもオレンジ色のオフショアダイバーが登場しています。

想像以上に人気があったのでオフショアクロノグラフでも2018年に発表したんでしょうかね。

悪くはない。

ロイヤルオーク オフショア クロノグラフ 42mm イエローグリーン文字盤 Ref.26231ST.ZZ.D038CA.01

ロイヤルオーク オフショア クロノグラフ 42mm イエローグリーン文字盤 Ref.26231ST.ZZ.D038CA.01

ライムグリーンのダイヤルのオフショアダイバーが2017年に登場しましたが、このオフショアクロノグラフはすこーしだけ色が濃い気がします。

ファンキーなカラーリングがたまらない人がいるんじゃないでしょうか。

非常に少数ですが、ロイヤルオークが好きな人はかなりマニアックとかハードコアな人なのでこういったダイヤルが好きな人がいてもおかしくない。

ロイヤルオーク オフショア クロノグラフ 42mm ピンク文字盤 Ref.26231ST.ZZ.D069CA.01

ロイヤルオーク オフショア クロノグラフ 42mm ピンク文字盤 Ref.26231ST.ZZ.D069CA.01

そして富裕層の女性に向けたピンクダイヤルのモデル。

ダイヤモンドが埋め込まれているので完全にレディースっぽいロイヤルオークですね、これは。

デカ厚ウォッチが好きな女性に非常におすすめ。

ロイヤルオーク オフショア クロノグラフ 42mm 紫文字盤 Ref.26231ST.ZZ.D075CA.01

ロイヤルオーク オフショア クロノグラフ 42mm 紫文字盤 Ref.26231ST.ZZ.D075CA.01

そして最後は紫。

王族しか使用が許されていなかったという当時はゴールドよりも高価だった紫の染料。

そんな紫をロイヤルオークに使用したモデルが登場しました。

このモデルも女性向きといった感じです。

ピンクといい紫といい、アクセサリーとしても使用できるゴージャスなカラー。

女性へのプレゼントとしてもいいかもしれません。

という感じで2018年の新作で登場したロイヤルオークのオフショアクロノグラフ。

昔のモデルと比べてもロイヤルオークがどんどん進化していることに気づくと思います。

基本デザインは変わっていませんが、モダンで美しいスタイルのロイヤルオークに進化しています。

42ミリというサイズも最近では女性が使用してもおかしくない大きさで、男女兼用モデルとして発表されたんじゃないでしょうかね、26231STも。

何よりドレッシーでゴージャスだ。