クイーンエリザベス2世カップモデルのロイヤルオーク オフショアダイバー Ref.15709TR.OO.A005CR.01・2014年に150本のみ発表された希少なモデル

競馬モデルの話はすでに何度もしましたが、オーデマピゲが発表するクイーンエリザベス2世は毎回いろいろと変化があって面白い。

こちらの記事でクイーンエリザベス2世カップのスポンサーになっているオーデマピゲが発表した記念モデルについて書いてるので良ければどうぞ。

今回はロイヤルオークで発表されたモデルとは違って、ロイヤルオークのオフショアダイバーで発表されたモデルについて。

ロイヤルオーク オフショアダイバー クイーンエリザベス2世カップ Ref.15709TR.OO.A005CR.01

ロイヤルオーク オフショアダイバー クイーンエリザベス2世カップ Ref.15709TR.OO.A005CR.01

チタンケースを使用したモデルで、ベゼルにはピンクゴールドが合わせてあります。

他の記事でも書いていますが、耐傷性で不利になる感じの腕時計は特別仕様のモデルにされる感じです。

ブロンズをベゼルに使用したり、今回のように柔らかいゴールドをベゼルに同じくしようしたり、ダイヤモンドをこれでもかと埋め込んだりというのはやはり特別限定モデルで日常使用しないようなタイプに採用されるようです。

このも1本は配色をすごくきれいにレイアウトしたモデルで、ダークシルバーに似た感じのグレー文字盤やグレーストラップがあわせられ、オーデマピゲ独特の綺麗な18Kピンクゴールドが良いアクセントになっています。

まあ特筆することは特にないですが、きれいなダイバーズウォッチといえるんじゃないでしょうか。

世界限定150本しかないのが残念ですが、しょうがない。

このモデルにはCal.3120が搭載されていて、オーデマピゲの中でも新しめのムーブメント。

パワーリザーブがこのブランドにしては長い60時間。

ロイヤルオーク オフショアダイバー クイーンエリザベス2世カップ Ref.15709TR.OO.A005CR.01

綺麗なムーブメントは馬が描かれたシースルーの裏蓋から覗くことが出来ます。

2014年に発表された割と新しめのやつですね。

こうしてみていると馬が好きになってきそうだから不思議だ。

何かのきっかけで馬が好きになるとしたらおそらくオーデマピゲの影響によるところが大きいでしょうね。

というわけで2014年に150本のみ生産されたオーデマピゲのオフショアダイバーでした。