ポルトギーゼはでかすぎるのか?・デカ厚時計ブームは終わったの?・薄いベゼルのビッグフェイス

ポルトギーゼを購入しようか検討している人で、ポルトギーゼはでかすぎるんじゃないのかということを心配している人が結構いるようです。

確かにポルトギーゼは全体的に大きな腕時計と呼べるシリーズです。

大きさのバリエーションは確かに多いですが、最小サイズで41ミリですから、デカウォッチ呼べる部類の腕時計なんですが、デカ厚ウォッチが好きじゃない人は41ミリのポルトギーゼ以外はお勧めできません。

ポルトギーゼという腕時計はデカウォッチのドレス系が好きな人にドンピシャな腕時計なんですが、少々小ぶりなドレスウォッチが好きな人にはポルトギーゼよりポートフィノをお勧めすることになるんじゃないでしょうかね。

さて、そんなでかすぎなんじゃないかという悩んでる人に言いたいのは、是非店頭で試着してみてほしいということですかね。

腕時計のカタログ値は結構あてになりませんw

ロレックスのデイトナとサブマリーナはそれぞれ40ミリと書かれていますが、比べてみるとサブマリーナの方が大分大きく感じます。

ケースラグや厚みのせいもありますから、何とも言えないのが腕時計の世界です。

ですから、ポルトギーゼの美しさに惹かれた人で、大きすぎるラウンドフェイスがネックになるかもしれないという人は是非41ミリのポルトギーゼを試着してみてそれから決めてみても遅くないんじゃないかなと思います。

とくにIWCの腕時計は、ロレックスやオーデマピゲのように価格帯が上昇していることもありませんから、焦って買わないほうがいいかなと思います。

41ミリのポルトギーゼってどんなの?

ポルトギーゼのサイズは全部で、

40.9ミリ、42ミリ、42.3ミリ、43ミリ、43.5ミリ、44ミリ、44.2ミリ、45.4ミリ、46ミリ

これくらいバリエーションがあります。

ここでは40.9ミリのポルトギーゼは41ミリと呼ぶことにしています。

さて、そんな41ミリのポルトギーゼにはどんなモデルが存在するのでしょうか?

IW371445

IW371445

IW371417

IW371417

IW371411

IW371411

IW371447

IW371431

IW371404

IW371404

IW371482

IW371482

41ミリのポルトギーゼはこの3714シリーズくらいでしょうかね。

クロノグラフ機能がついたクラシックなモデルで、自動巻きです。

非常にプロポーションが良く、バランスの取れた縦目のカウンターインダイヤルが非常に美しいモデルです。

まとめ

まとめです。

実は僕も一つ持っておりました。

僕は身長173,4センチの53キロというもやしみたいな体型をしているんですが、当然腕も細いです。

ですが、41ミリというサイズは全く持って問題ないサイズで、

腕からぎりぎりはみ出ない感じの存在感がたまらなく好きでした。

これ以上大きいとデカ厚ウォッチのカテゴリに入ってしまうので、そういうのが苦手な人にはお勧めできません。

ですから、ポルトギーゼが好きだけどでかすぎるのが嫌と言う人は、是非この3714シリーズを試着してみて決めると良いと思います。

iw371404僕の腕

ちなみに僕の腕です。

41ミリのポルトギーゼはこういう感じに見えるんですね、僕の華奢な腕でも。