液体を時刻表示に使用した世にも珍しいブランド、HYTが生み出した新作モデル H0・ブラック Ref.048-DL-90-GF-RU、シルバー Ref.048-TT-91-BF-RU、オレンジ Ref.92-NF-RU

HYTという時計ブランドはこれまでの腕時計とは全く180度以上に異なるアプローチから始まったメーカーですが、

2012年に創設された同ブランドは徐々に存在感を示してきました。

今では時計好きの中にはHYTを知っている人も結構増えてきたんじゃないでしょうか?

僕もずっと機械時計が好きでしたがHYTの存在を知ったのは2017年になってからのこと。

面白い腕時計へのアプローチをしたブランドがあることを知って、同ブランドの新種の腕時計について調べてみたんですが、やっぱり変わってて面白い。

どんな腕時計メーカーかというと、時計の時刻の時刻表示を液体にさせるというw

ということで、まずは百聞は一見に如かずということでこちらのモデルをご覧あれ。

H0 ブラック Ref.048-DL-90-GF-RU

H0 ブラック Ref.048-DL-90-GF-RU

ということでこのモデルなんですが、医療用の細いガラスチューブの中に黄色い蛍光色の液体と透明な液体が流し込まれているのが分かると思いますが、これが時刻を教えてくれているという。

この画像でいうと、10時8分、9分くらいでしょうか。

蛍光色の液体が止まっているのが10時ちょっとすぎくらいで、12時位置にあるインダイヤルが10分より少し手前にあるのが分かると思います。

10時位置にあるのがスモールセコンドという具合です。

こんな腕時計は文字通りなかったw

医療関係者と時計のプロたちが集まって作られたブランドがHYTで、要は頭の良い人たちが考えた想像を超えた腕時計というわけです。

それがハイテク技術と融合し生まれた21世紀らしい時計ブランド。

こんなセワシ君がしていそうな腕時計を21世紀初頭の僕たちが手に入れられるなんて誰が考えたでしょうか?w

ちなみにケース素材はチタン。

さすが医療のプロが考えた腕時計だw

ケースサイズは48.8mmで、ケース厚は17.9mmと、やや大きめ。

液体チューブが入っていればこのくらいになるんでしょうかね。

H0 シルバー Ref.048-TT-91-BF-RU

H0 シルバー Ref.048-TT-91-BF-RU

そしてH0のシルバーモデル。

液体色が青でシルバー/ホワイトとよく合っています。

普通に綺麗なツートーンをしたモデルだ。

H0 オレンジ Ref.048-TT-92-NF-RU

048-TT-

そして3本目はオレンジのモデルなんですが、液体には黒を使用しています。

黒とオレンジ。

僕としては液体もオレンジ色にしてほしかったですがなぜこのモデルだけ黒なんでしょうか?

透明な液体と混ざらないオレンジ色の液体を作るというのが難しかったんでしょうか?

その辺はよくわかりませんが、液体を時間表示に使用する時計ブランドはこのHYTだけ。

今後この斬新な時計ブランドがどんな変わり種を披露してくれるか楽しみではあります。