2018年のオーデマピゲ新作・37mmのロイヤルオーク ダブルバランスホイール オープンワーク・フロステッドゴールド 18Kホワイトゴールド Ref.15466BC.GG.1259BC.01、18Kピンクゴールド Ref.15467OR.OO.1256OR.01

フロステッドゴールドのロイヤルオークについてしつこいくらいお話ししていますが、今日で一応最後。

ですが、いずれこのフロステッドモデルが発表されれば、また舞い戻ってきますw

ということなんですが、今日はこのモデル。

ロイヤルオーク ダブルバランスホイール オープンワーク 37mm フロステッドゴールド 18Kホワイトゴールド
Ref.15466BC.GG.1259BC.01

ロイヤルオーク ダブルバランスホイール オープンワーク 37mm フロステッドゴールド 18Kホワイトゴールド
 Ref.15466BC.GG.1259BC.01

もうご存知かもしれませんが、ダブルバランスホイールモデルのやつ。

2つのテンプとヒゲゼンマイを同じ軸に設置したという複雑機構を搭載した自社製のムーブメントCal.3132は精度と安定性を向上させるために生み出されたコンプリケーションで、なかなか珍しいアプローチ。

デュアルバランスとも呼ばれる同機構は製造するのに大変な技術を要するという。

2018年の新作としてオーデマピゲが発表したロイヤルオークで、Cal.3132がフロステッドゴールドの18Kホワイトゴールドケースに搭載されたモデルですな。

腕時計はホワイトゴールド、と決めている人がいますが、そういう人にぜひ最高クラスの腕時計としてフロステッドゴールドのダブルバランスホイールのモデルをおすすめしたいですね。

価格的にも他人とかぶることはほぼないでしょう。

ロイヤルオーク ダブルバランスホイール オープンワーク 37mm 18Kピンクゴールド Ref.15467OR.OO.1256OR.01

ロイヤルオーク ダブルバランスホイール オープンワーク 37mm 18Kピンクゴールド Ref.15467OR.OO.1256OR.01

そして同じく2018年の新作で発表されたピンクゴールド/レッドゴールドのモデルがこれ。

なぜかフロステッドゴールドではないんですが、37ミリのダブルバランスホイールは待ち焦がれた人もいるんじゃないでしょうか?

こちらの記事でも紹介しているんですが、41ミリのダブルバランスホイールモデルは少し大きいという人もいるはず。

僕はロイヤルオークに限っては37ミリか39ミリのモデルが好きなんですが、41ミリとなるとラグまでの長さを合わせると少し大きめになると思われます。

ということで、2018年の新作として発表されたダブルバランスホイールに新たなサイズが追加されましたが、購入を検討している絶対数はかなり少ないでしょうが、確実にニーズが存在するモデルだと思います。