アーノルドシュワルツェネッガーがオーデマピゲにリクエストして作られたロイヤルオーク オフショアクロノグラフ 『エンドオブデイズ』世界限定500本 Ref.25770SN.O.0001KE.01

シルベスタスタローンがパネライ好きというのは皆さんご存知だと思います。

自分で書いた脚本であるロッキーを自分で演じて世界で有名になった異色の俳優ですが、そんなスタローンさんがパネライの腕時計を何本も持っていてプライベートでもパネライをパパラッチされていますが、映画のモデルとかいろいろスタローンモデルが存在します。

オーデマピゲにもハリウッドの俳優とコラボしたモデルあります。

同じくマッチョのアクターでオーデマピゲに直接リクエストし、映画『End of Days』のために作られた1本が存在します。

ロイヤルオーク オフショアクロノグラフ アーノルドシュワルツェネッガー 『エンドオブデイズ』世界限定500本 Ref.25770SN.O.0001KE.01

ロイヤルオーク オフショアクロノグラフ アーノルドシュワルツェネッガー 『エンドオブデイズ』 Ref.25770SN.O.0001KE.01

こういうやつなんですが、もう知っている人もいるかもしれません。

なにせこのモデル発表されたのが、1999年のことですから、オーデマピゲが好きなダンディな男性ならこのモデルについて知っていてもおかしくありません。

このモデルは世界限定500本のみ生産された希少品で、数に限りがある。

1999年の作品であることはお伝えしましたが、この黒は当時の時計事情から考えてもセラミックではないというのが想像できますが、皆さんご想像のとおり、ステンレスにPVD加工がしてあるやつです。

シュワルツェネッガーモデルというので48ミリくらいあるのかと思いましたが、意外と小さい42ミリ。

こちらの記事で他のアーノルドシュワルツェネッガーモデルについて書いてるので良ければどうぞ。

こっちでは同じ黒でもセラミックで48ミリなんですけどね。

やっぱり180センチ以上あるマッチョな男性に42ミリは小さいですからね。

というわけで『エンドオブデイズ』の映画を知っている人は、あれかあ、と思うかもしれませんが、映画の中で着用されていたかは僕はよくわかりません。

ロイヤルオーク オフショアクロノグラフ アーノルドシュワルツェネッガー 『エンドオブデイズ』 Ref.25770SN.O.0001KE.01

そしてこのモデルなんですが、ロイヤルオークでこれまでに見たことなかった引き通しタイプのNATOベルトがセットされていて、よく見るとかなりミリタリーな感じ。

パネライにもこんなのがあったかな。

というわけでスタローンとパネライ、シュワちゃんとオーデマピゲという関係が分かってきましたが、メーカーにお願いして作ってもらえるんだからすごいw