50代で選ぶ一生モノの時計・オーデマピゲのロイヤルオークかヴァシュロンコンスタンタンのオーヴァーシーズか

オーヴァーシーズとロイヤルオークではどちらが50代男性におすすめ?

50代ともなると私生活でも資産的にも安定し、時計好きの男性なら、あと10年、20年使っていける腕時計を探しているんじゃないかなと思います。

50代ともなれば、よっぽどの時計マニアか、富裕層でなければ、あと10年使う予定だったり、一生使える最後の1本だったりを探していると思います。

そうなると、最後にひと花咲かせましょう、と何か奮発して、世界三大時計ブランドの何かを選んだりするかもしれません。

僕だったらそういった発想になっちゃうんですが、

パテックフィリップか、オーデマピゲかヴァシュロンコンスタンタンか、いろいろ悩んじゃいます。

パテックならノーチラスだし、オーデマピゲならロイヤルオーク、ヴァシュロンならオーヴァーシーズと、おそらく相場が決まっているはずです。

パテックのカラトラバや、オーデマピゲのジュールオーデマ、ヴァシュロンのパトリモニーはドレス系で価格帯も比べるとメインモデルより安いので、途中で欲しくなっちゃうと思うのと、デザイン的に少々面白くないというのがあります。

とくにカラトラバとパトリモニーはドレス系の完成形ですから、最後の腕時計を飾るのにはちょっと退屈と言えば退屈。

もちろん、これらのドレス系はおじいちゃんになっても使えるタイプの腕時計なんですけどねw

さて、僕は最近ヴァシュロンのオーバーシーズかピゲのロイヤルオークのどちらが最後の腕時計にふさわしいかというのを目にしました。

その男性は50代で、お金にも余裕があるでしょうから、どちらもモデルも購入できるはずです。

ですがどちらもはいらないし、2本も同じレベルの腕時計を同時に買うのは無駄。

というので、悩んでおられましたが、僕としては断然オーデマピゲのロイヤルオークを推したいわけです。

なぜロイヤルオークが良いのか?

オーヴァーシーズ
4500V/110A-B128

ロイヤルオーク
15450STブルーダイヤル

image by www.rolexforums.com

僕にとって、ロイヤルオークは30代以上の男性ならだれにでも似合うダンディな腕時計、ヴァシュロンコンスタンタンのオーヴァーシーズに比べると大人っぽいからです。

ヴァシュロンのオーヴァーシーズのイメージが僕にとっては少々スポーツ性強い、若者向けの腕時計という感じだからです。

50代ともなれば、クロノグラフよりも3針のシンプルなモデルの方が社会的にも無難で、僕個人的な好みからしてもシンプル目なほうがおすすめです。

オーヴァーシーズの3針モデルもあるにはあるんですが、スポーツ性がロイヤルオークより高く、ロイヤルオークの腕時計がラグジュアリースポーツとは言っても、だいぶドレス系に寄っているからです。

雲上時計ブランドの中でもオーデマピゲの人気の方がヴァシュロンよりも高く、価格帯が上昇傾向にあるのもその理由の一つ。

2020年ころまでにジャガールクルトに頼っていたムーブメント供給をやめて自社製ムーブメントを生み出す動きになっているオーデマピゲはロイヤルオークの価格帯を近く上げるつもりだと言います。

そうなると今がチャンスと思うわけです。

標準で装備された特徴あるロイヤルオークのブレスレットは腕に着けてクルリと手首を回すだけで人々を魅了することが出来ます。

ブレスレットにブレスリンクが2個ずつついているので、それぞれが光を反射するタイミングが違うのでぎらついて見えます。

そこが高級。

高級すぎる大人の遊び時計と言った感じ。

ロイヤルオークに比べるとカラトラバやパトリモニーが本当に退屈に見えてしまうところが良くないんですが、それくらい強烈なインパクトを与えるのがロイヤルオークなのです。

まとめ

50代の男性にはやはり80:20でロイヤルオークがおすすめです。

しかもステンレス製の15450STは最高だと思います。

ケースサイズが37ミリという小ぶりなんですが、ラグが長いのとその形状から日本人の男性の腕に一番フィットするのは37ミリだと思います。

それだけ文字盤も小さくなりますから、タペストリー文字盤やホワイトゴールド製の針やインデックスとのバランスも絶妙なものになってきます。

小さいものはよりゴージャスに見える傾向がありますから、大きすぎる間延びした腕時計よりもろロイヤルオークに限ってはこのくらいが一番良いのではないかなと思います。

15450ST.OO.1256ST.01 (白)

15450ST.OO.1256ST.02 (グレー)

15450ST.OO.1256ST.03 (青)