新作ロレックス 2018・バーゼルワールドで発表された新作GMTマスターII Ref.126710BLROのメリットとデメリット

こんにちは、最近更新がおろそかになってましたが、今日から僕も復活ですw

さて、4月になりましたがバーゼルワールドを見てきましたか?

バーゼルワールドやジュネーブサロンを実際に見てきた人はあまり多くないと思いますが、一度は行ってみたいですな。

2018年もロレックスから素晴らしい作品が出てきました。

一番注目を集めたのがGMTマスターII Ref.126710BLROでしょうね。

なんてったって、ブレスレットが5連になったんですから。

GMTマスターII Ref.126710BLRO

こんなのいままでなかった!

とちょっとびっくりした僕。

GMTマスターIIはスポーツ/アウトドアウォッチですが、この5連ブレスはだいたいデイデイトやデイトジャストの高級ラインにしか使われてなかったやつですから、デフォルトでこれはかなりお得感と驚きがあります。

もしかしたらこのブレスレットの5連化には賛否両論意見が分かれるかもしれません。

まずGMTマスターIIというスポーツモデルということで、これまでの伝統の3連中央鏡面磨きブレスがやはり人気なので、5連のジュビリーブレスに違和感を示す人がいるかもしれないという点。

もう一つは5連ブレス搭載のデイトジャストの高級モデルを持っている人がスポーツモデルに同じ5連を採用されると、差別化されなくなるという点で否定的な意見があるかもしれません。

こういうのは昔ポルシェの911と安いモデルのボクスターでヘッドライトや各種パーツを共有していた点で911ユーザーがその辺のコスト削減化に難色を示していた点とよく似ている。

でもこの辺は取り越し苦労かもしれません。

デイトジャストのジュビリーブレスモデルは新型のGMTマスターIIよりも安いモデルもあるからです。

もし5連ジュビリーブレスが採用されているモデルが全てGMTマスターIIよりも高額なのであれば確かにぶつくさ言われるでしょうが、この辺はちょっと難しい。

ただ今回の新型GMTマスターIIの良いところは何といっても赤と青のベゼルが904Lスーパーステンレスモデルで復活したところ。

なぜか先代までは赤と青のベゼルはホワイトゴールドでしか採用されませんでしたから、待ちに待った仕様が今回の新型で出たときには、やっとかという感じだったんじゃないでしょうか。

ムーブメントも新たに新世代のCal.3285が搭載されて、リファレンスが変わり、新型となりましたとさ。

な1本です。

正直このモデルは大人気になると予想していますが、ロレックスなのですべてが大人気なので出来レースのようなもんだw

というわけで、非常にポイントを押さえた新型GMTマスターIIですが、発売まで待ち遠しい。

ロレックスはこんな感じで変化があってないような、ないようであるようなモデルを投入してきます。

そこがロレックスが硬派なブランドである所以なんですけどね。

うーむ、2019年の新作発表がすでに待ち遠しい。