デイトナ x オイスターフレックスの組み合わせはどうなのか?

デイトナの18金モデルが2種類登場しました。

2017年のバーゼルで発表された2色、

イエローゴールドとホワイトゴールド。

これにセラクロムが付いたモデル。


image by www.horobox.com

これが3色揃ったデイトナ18金 x セラクロムベゼル。

今これがすごく熱い。

なかなか手に入らない状態が続いている。

この中のピンクゴールドのやつ(一番右のモデル)は、

実は2011年に登場しています。

レザーストラップで。

ということで、

6年を経て残りの2色が突然追加され、

セラクロムベゼルのラインナップが一気に増えたわけです。

デイトナでいうと、

2017年夏現在、

ステンレス、ピンクゴールド(エバーローズゴールド)、イエローゴールド、ホワイトゴールド

の4つ。

ロレックス全体で言うとほぼすべてのスポーツウォッチにセラクロムが搭載されています。

セラクロムのベゼルは増えたんですが、

オイスターフレックスストラップはデイトナとヨットマスターIにしか搭載されていない。

新型の18金デイトナ3種にはこのオイスターフレックスストラップが標準で装備されている。

高級志向というよりもスポーツ志向の意味が強い。

通常デイトナはブレスレットタイプが多いですが、

今回はラバーみたいなエラストマーと呼ばれるストラップを標準にしているが、

装着感がすごく良いらしい。

もともとレーシングウォッチなのでそっちの方が意味的にもしっくりくる。

良い点は18金デイトナの場合ブレスレットまでゴールドだったらなかなか手が出せないくらい価格が高騰する。

材料費というやつ。

ひょえーだ。

ひょえー。


image by www.bobswatches.com

見るからに付けた感覚が良さそう。

これラバー状のエラストマーと呼ばれる伸縮可能な物質でメタルブレードをコーティングしたもので、

耐久性はメタルブレスレットに匹敵する強度を持っている。

装着感と強度が両立できるんだったらこれいいじゃん!

となったのだ。

多分w

でもオイスターフレックスは新しい技術ですよ。

さてこのオイスターフレックスはデイトナに合っているのか?

これある調査では7割弱がこのモデルのロレックスを支持しています。

逆にいうと3割以上がダサいと答えているw

しかもこのエラストマーオイスターフレックスが原因の一つであったりする。

好きな理由も、嫌いな理由も。

つまりは単純に考えて、

6割以上はこのオイスターフレックスをありだと思っているようだ。

ありだよーこれ!

という感じ。

そのまんまかw

僕はデイトナの18金モデルという時点でなんでもOKだw

贅沢は言わない自信があるw