広末涼子さんの腕時計・ボーム&メルシエ クリフトン Ref.MOA10208・ドラマ『僕とシッポと神楽坂』より

広末涼子さん愛用の腕時計

広末涼子さんは僕の青春時代のアイドルでしたw

僕は個人的には広末涼子さんにはそこまで思い入れはないですが、間違いなく僕の青春を駆け抜けた女優の一人です。

あとは深田恭子さんとかもそうですね。

井川遥さんとか、あの辺は特に綺麗な女優として僕の記憶に残っています。

井川遥さんは僕の好みなんですけどねw

ま、どうでもいいかw

というわけですが、今日は広末涼子さんの腕時計についてです。

こちらの記事で、稲森さんの腕時計について書いているんですが、それと同時に、女性も機械時計やスイスの腕時計を着用するのが目立つようになってきたということも話しています。

ボーム&メルシエ クリフトン Ref.MOA10208

ボーム&メルシエ クリフトン Ref.MOA10208

今回広末涼子さんの腕時計を紹介しているように、やっぱりこの1本もスイス製の1本。

僕はこれまでメンズ腕時計ばかり見てきましたが、こうしてレディースウォッチを見てみてもメンズモデル同様にやはりワクワクします。

というわけで、今日は広末涼子さんの腕時計なんですが、ボーム&メルシエを選んでいるところが非常に渋い。

通常は女性ならほとんど知らないブランドだと思いますが、あえてこのモデルをチョイスしたというのは自分セレクトなのかプレゼントなのか定かではありませんが、コンビであるところが非常におしゃれ。

日本じゃなかなかあまり一般的ではないブランドである上になかなか珍しい1本なので見つけるのが難しいモデルかもしれません。

30ミリのステンレスケースに18Kピンクゴールドのベゼルが合わせられたモデルで、小ぶりなサイズ感が印象的で、高級感はやはりピンクゴールド素材から感じられます。

自動巻きムーブメントが入った、デイト機能付きモデルで、防水性も50メートルある本格的なレディースウォッチです。

ケースバックもシースルーになっているし、小さいだけでメンズウォッチと遜色ない1本。

ゴールドが使用されているのでやはり少し高額になりますが、コンビとしては30万円以下で買えますから安い方だと思います。

ブランド自体があまり知名度がありませんからね。

過去には時計の精度を争う天文台のコンテストで賞をいくつも取るなど輝かしい歴史があるんですが、ここずっとパッとしない感じは確かにあります。

クオーツショックで時計メーカーの流れが大きく変わりましたから、その辺のことも影響しているのかもしれません。

なにせ多くの企業が汎用ムーブメントで生き残りをかけていましたから。

まとめ

というわけで、まとめ。

広末涼子さんのクリフトンはやっぱりクリフトンらしくていいですね。

芸能人の中にもボーム&メルシエのクリフトンを愛用する人が結構いるんですよね、実は。

こちらの記事でも紹介していますが、女性でボーム&メルシエを使用している人はやはり少ないんです。

ですから、広末さんはなかなかパイオニアと言えるんじゃないでしょうかね。

そもそもボーム&メルシエを使用す男性も少ないですからね。

もう少し評価されていもいい腕時計だと思うんですが。

というわけで、広末涼子さんの腕時計でした。