2019 SIHH オーデマピゲ新シリーズ・CODE 11.59 クロノグラフ 4モデルとその定価/価格

前回僕はオーデマピゲの新たなシリーズ、『CODE 11.59』についてお話ししました。

日付が変わる前、つまり新しものが生まれる前の瞬間という意味だと思うんですが、その見た目からダイバーズウォッチなのかなと思いましたが、どうやらそうではなく、新種のラグジュアリースポーツであるようです。

こちらでも紹介しているように、2019年、オーデマピゲにとっては最後の出展となったジュネーブサロンで発表されたこの新シリーズはかなり冒険した存在と言えるんじゃないかなと思います。

デザインとしては奇抜でもなければ、風変わりでとっつきにくいわけではありません。

ですが、世界三大時計ブランドの一つとして、世界最高の腕時計ブランドとして君臨しているメーカーですから、やはり新たなシリーズ発表というのには慎重にならないといけないわけです。

正直僕はオーデマピゲと言えばロイヤルオークとジュールオーデマのイメージが強かったので、今回の新シリーズにはやや否定的な印象を持っています。

これも時間とともに消えるのでしょうが、ロイヤルオークオフショアも少々ごつごつしすぎているので、僕個人的にはそこまで大好きというほどではありませんでした。

ただその代わりロイヤルオークについては別で、薄型の8角形のあのシリーズには格別な思いがあったのです。

ジュールオーデマもわりと好きだったし、この2シリーズの展開でいいんじゃないかなと、個人的には思っておりました。

なので、CODE 11.59の発表はわりと大きな出来事なんじゃないかなと思います。

パテックフィリップが売却されるかもしれないというニュースくらい驚きましたからねw

CODE 11.59 クロノグラフ Ref.26393BC.OO.A002CR.01

CODE 11.59 クロノグラフ Ref.26393BC.OO.A002CR.01

CODE 11.59 クロノグラフ Ref.26393BC.OO.A321CR.01

CODE 11.59 クロノグラフ Ref.26393BC.OO.A321CR.01

CODE 11.59 クロノグラフ Ref.26393OR.OO.A002CR.01

CODE 11.59 クロノグラフ Ref.26393OR.OO.A002CR.01

CODE 11.59 クロノグラフ Ref.26393OR.OO.A321CR.01

CODE 11.59 クロノグラフ Ref.26393OR.OO.A321CR.01

ということで、今回はそのCODE 11.59のクロノグラフバージョンを一気に紹介したいと思います。

ホワイトゴールドとレッドゴールドにそれぞれ青と黒の文字盤があわされた、計4種類がクロノグラフモデルには存在します。

来年あたりには別カラーやステンレスモデルなども発表されるかもしれないですね。

あまり説明することはないんですが、ケースサイズは41ミリと最近のクロノグラフにしてはやや小さめ。

大きさで言うとIWCのポルトギーゼクロノグラフと同じくらいでしょうかね。

大きすぎないところが良いんですけどね。

というわけで、オーデマピゲが発表した新シリーズのうちのクロノグラフバージョンの4本でしたが、定価はだいたい480万円。

うーむ、高いぜ。

まあ、定価ですから、これよりは安くなると思いますが、やはり雲上でゴールド素材なら高いのは致し方ないでしょう。