ジャガールクルト 新作 2019・マスターウルトラスリム デイト Ref.Q1238420 & 18Kピンクゴールド Ref.Q1232510 & ダイヤモンドベゼル Ref.Q1232501

2019年の新作モデルの数が多すぎて、なかなかすべてのモデルを紹介することは難しいんですが、出来るだけ有名メーカーの注目度の高いやつは紹介しようかなと思っています。

ですが、各社素晴らしいモデルをたくさん発表しているのでなかなか追いつかない状況ですw

とは言ってもゆっくり僕のペースで気になったモデルについてちらほらと書いていこうと思っているんですが、4日間しか開催されなかったジュネーブサロンだけでこれだけのたくさんのかっこいいモデルが発表されていますから、紹介していてやはり目移りしてしまいます。

さて、そんなわけで、ここずっと2019年の新作モデルがみなさんも気になっていると思うのでジュネーブサロンで発表された、主にリシュモングループの新作モデルを紹介しているんですが、今回もジャガールクルトの新作を3つほど紹介しようと思います。

こちらでもジャガールクルトの新作モデルをいくつか発表しているので、読んでみてください。

さて、そんなわけで今日もジャガールクルトのスタンダードモデルの新作モデルについて少々。

マスターウルトラスリム デイト Ref.Q1238420

マスターウルトラスリム デイト Ref.Q1238420

と言うわけでこのモデル。

こういうモデルは見たことがあると思います。

僕も『あれ、どこが新作なの?』と思いましたが、微妙な変更が加えられているんですね。

これまで40ミリサイズのモデルがありましたが、このモデルは39ミリという新たなサイズとして発表されました。

1ミリw

1ミリの違いって実は時計としては結構大きいんですよね。

40ミリに対して1ミリと言えば、2.5パーセントです。

170センチの男性にとって2.5パーセントは4.25センチ。

170センチと166センチって結構な違いですからね。

割合としてはそれくらい大きいわけです。

そしてシャープなバーインデックスもこれまでのものよりも長めになっているそうです。

比べてみないとなかなか気づきにくい点なんですね。

マスターウルトラスリム デイト 18Kピンクゴールド Ref.Q1232510

マスターウルトラスリム デイト 18Kピンクゴールド Ref.Q1232510

そしてゴールド素材のモデル。

ぱっと見これ、、、パテックフィリップですよねw

カラトラバにそっくりです。

マスターウルトラスリムの方がシャープな感じですが、5227ととてもよく似ています。

マスターウルトラスリム デイト ダイヤモンドベゼル Ref.Q1232501

マスターウルトラスリム デイト ダイヤモンドベゼル Ref.Q1232501

そしてダイヤモンドがベゼルについてゴージャスなモデルがこれ。

最近ジャガールクルトも宝石を用いた派手目なモデルを発表することが増えましたかね。

ということで、今回紹介しているのは2019年の新作マスターウルトラスリムの3本なんですが、微調整が加えられた感じですかね。

ダウンサイジングと言いましょうか、サイズ感に関しての大きな流れが少々変わっているのか、ダウンサイズするメーカーが増えています。

ゼニスとかがそうですからね。

ということで、なかなかシンプルでずっと使っていけるタイプの腕時計なんじゃないでしょうか。

そんなマスターウルトラスリムの新サイズという感じですが、この違いをどう受け取るかがちょっとマニアックで良いですね。