ロレックス・急激に高騰するサブマリーナ グリーン Ref.116610LVの価格・ブラック Ref.116610LNはゆるやかに・一体なぜ?

2月は一体何が起こったんでしょうか?

2月中旬はなにがありますか?

思いつくのはバレンタインくらい。

あとはうーむ。。。何も思いつかない。

考えられることがあまりないんですが、実はロレックスのサブマリーナデイトの価格が高騰しているのです。

これらの記事を書いたのが2018年の10月。

右肩あがりで価格が上昇していて、2年弱で一気に50パーセントも価格が上昇したことをお話ししました。

あれから半年。

2019年の4月。

2019年の2月中旬から価格がどんどん上昇しているんですね。

特にグリーンサブの方。

サブマリーナ ブラック Ref.116610LN

サブマリーナ ブラック Ref.116610LV

サブマリーナ グリーン Ref.116610LV

サブマリーナ グリーン Ref.116610LV

こういう感じ。

グリーンサブの価格高騰は顕著にあらわれています。

一体何がどうなっているのかわかりませんが、2月からずっと価格が上昇し続けています。

平均価格が一気に170万円を超えました。

これはいかに言っても上昇しすぎなんじゃないでしょうか?

ちょっと前まで50万円くらいで買えていたのがいまでは170万円を超えているのです。

平均値ですから、180万円、190万円という個体もあることでしょう。

下手したら200万円というのもありえます。

ロレックスは確かに良い腕時計ですが、サブマリーナに200万円の価値があるかといえば疑問です。

デイトナにしてもそう。

ステンレス素材のデイトナが300万円近い値がつけられています。

ゴールドを使用している腕時計並みの価格です。

金の価値は歴史的にも高く、世界経済が落ち込めば落ち込むほど金の相場が上がるように、常に高い価値を維持しています。

今のロレックスはまるでその金そのもののようです。

サブマリーナデイトにはブラックとグリーンの2種類がステンレスのみのモデルでは用意されています。

上記で紹介している記事でも分かるようになぜかグリーンの人気が高く、ブラックは比較するとやや人気は劣ります。

ですが、グラフを見て分かるように、ゆるやかな右肩あがりで上昇はしています。

グリーンの方は一気に値段が高騰しているんですが、人気がそっちに集中しちゃってるみたいです。

これは一体なんの影響なんでしょうか?

もうすぐサブマリーナの新作が発表されるんでしょうか?

価格の上昇が始まったのが2月ですからバーゼル前にかけたんでしょうか?

ロレックスは新作が出れば旧作はすぐにお払い箱になります。

そうなるとほとんどのロレックスは古いモデルが高くなります。

それを見越しての結果がこの数値に現れているのでしょうか?

謎は深まるばかりです。