2019年4月、ロレックスのエクスプローラー2 Ref.216570の価格推移・ホワイトとブラックでどう違う?

さて、ロレックスの中でも地味で野暮ったい腕時計として悪名高いエクスプローラー2。

こんな言い方をしてはいますが、エクスプローラー2が嫌いなわけじゃありません。

むしろ実用性の高さにちょっとだけほの字なんですが、大好きというほどでもありません。

ただこの男の中の男というスタイルが好きで、ちょっと外したいときにはこういうモデルも良いんじゃないかなと感じています。

Ḡショックをつけるようなもんですが、それがロレックスで、更に機械式というところに魅力を感じるわけです。

いまロレックスがすごいことになっていますが、みなさんは価格が急上昇しているのをご存知でしょうか?

これらの記事でも紹介しているんですが、2019年になってロレックスの価格がまた一段と上昇しているんですね。

中には値段が落ち着いていて、下がり気味だったモデルもあるんですが、それ以上の価格にもなりそうな勢いでロレックス全体が高額になっています。

今回価格の推移を見ようと思っているエクスプローラー2の2モデルも価格がどんどん上昇しており、実は2019年になる前からずっと右肩上がりで上昇しているんですね。

冒頭で紹介した記事でも書いている通り、ロレックスの中でも異質な雰囲気を醸し出すエクスプローラー2はその他の主要スポーツモデルとは客層が違うのかなと。

他のモデルは3月に行われたバーゼルワールドの動きを見てからという様子見ムードが広がっていたんですが、エクスプローラー2はただ上昇し続けています。

これは一体。。。

エクスプローラー2 ホワイト Ref.216570

216570白

エクスプローラー2 ブラック Ref.216570

216570黒

こちらの画像が示すとおり、2018年の夏秋ごろからずーーっと右肩上がりの上昇を見せています。

こちらでは100万円以下で買える新品ロレックスを紹介しているんですが、もはやエクスプローラー2も新品は100万円じゃ買えなくなっちゃいました。

デイトナ Ref.116500LNではホワイトダイヤルが人気ですが、エクスプローラー2 Ref.216570では黒文字盤のほうが若干高いようです。

いずれサブマリーナのノンデイトモデルもそうなるでしょう。

エアキングもミルガウスも。。。

これははっきり言って異常事態。

エクスプローラー2に100万円も出せません。

このまま全モデルが100万円を超えちゃうとロレックスが雲上ブランド化しないか心配。

確かに世界三大時計ブランドと比べても遜色ない価値があるとは思いますが、エクスプローラー2で100万円を超えるということは手軽にサバイバルウォッチとして、という使い方ができなくなりそう。

ロレックスのあるべき姿が変わってきているんでしょうか?