サブマリーナの現行モデルが登場したのが2010年。

あれからもう10年近くが経っているわけですが、そろそろ新型が登場しても良いんじゃない?

と思うこの頃。

2019年も年末に差し掛かろうとしているわけですが、この頃になるとなんだか寂しさと同時にクリスマスや年末年始のエキサイティングな感覚も感じられるようになります。

さて、そんなわけで、そろそろモデルチェンジしようかというサブマリーナなんですが、黒いサブマリーナと緑色のサブマリーナの2本がメインのモデルとして人気なわけですが、実際どっちが人気なのでしょう?

おそらく人気度で言うと、グリーンサブの方なんじゃないかなと思います。

こちらの記事で紹介しているのはそれぞれの価格推移なんですが、グリーンサブのほうがやはり割高。

割合にしていつも20パーセント以上は高いんじゃないでしょうかね。

実際には、黒いサブマリーナは緑のサブマリーナよりも定価も低めに設定してあるのですが、その差はだいたい90万円と96万円の差額くらいですから、6万円ほど。

ですが市場に出回っているサブマリーナの差額は40万円くらいは違うんですね。

となるとやはりグリーンサブのほうが人気度が高いということでしょうね。

そこで疑問。

僕は黒いサブマリーナを着用している人をたくさん見かけますが、なぜか緑色のサブマリーナを着用している人にほとんど出会わないのです。

人気はグリーンサブのほうが高いのにいったいなんでなのでしょう?

価格が高いということは数が少ないので一般的には出回ってないということ?

でも誰かが買っているから人気が出ているわけだから、、ええとつまり買い占めが起こっているということなのでしょうか?

まあその辺は微妙なのでよくわかりませんが、グリーンサブを現実で着用している人になかなか会えないのはたまたまなのかもしれないですねw

とは言えあの緑の感じ、すごく好きです。

通常、緑色を腕時計に使用することなんてないですからね。

それをこれでもかというくらいたっぷりベゼルや文字盤に使ってもこれだけかっこよくなるのはロレックスのパワーでしょうね。

個人的には赤サブみたいなのも作ってほしいと思っているんですが、赤いモデルならダイビングしている時に目立ちやすいしメリットは結構ありそうですけどね。

というわけで、話題のサブマリーナについてでした。

ロレックス サブマリーナ デイト 116610LN ランダム OH済 外装仕上げ済 自動巻 メンズ 腕時計 te【中古】
■商品情報 [管理番号]te-2105020639099 [ブランド]ロレックス(ROLEX) [アイテム]メンズ腕時計 [ライン]…

ロレックス サブマリーナ デイト メンズ時計 116610LN(ランダム) SS 黒文字盤 2010年以降の生産 仕上げ済 美品


ロレックス ROLEX サブマリーナ デイト 116610LV グリーン メンズ 腕時計 新品 Submariner Date
ロレックスはスイスの時計メーカーです。1908年イギリス ロンドンで創業していますが、その後拠点をス…

48回払いまで無金利 ロレックス サブマリーナ デイト 116610LV ランダムシリアル 未使用 メンズ 腕時計
■ブランド:ROLEX(ロレックス) ■モデル名:サブマリーナ デイト ■型番:116610LV ■素材:ステンレスス…