大学入学祝いに贈りたいロレックスの腕時計3選・プレゼントにはコスパの高い一生使えるモデルを

さて、この時期すでに大学合格が決まった人もいらっしゃるんじゃないでしょうか?

センター試験などがあるのが1月ですから、それまでの追い込みをしている人もいれば、小論文などですでに合格が決まっている人もいるはず。

ですから、人によってはすでに春が来ている人もいるんですよね笑

確かにあのときの緊張感と言ったらもう逃げ出したいくらい。

とは言え一次試験で合格して晴れて大学進学が決まった方はおめでとうございます。

大学生になるということは、在学中に成人になるということですから、もはやすでに大人。

大人には当然ロレックスが一番おすすめなのです。

僕は至ってまじめにロレックスをおすすめしたいですね。

ということで、大学入学祝いにおすすめのロレックスをいくつか紹介したいと思います。

デイトジャスト36 Ref.126200

デイトジャスト36 Ref.126200

プレゼントの定番はやっぱりデイトジャスト。

そして何より一番安いのがデイトジャスト系ですからね。

かといって侮れないのがデイトジャストなんですよね。

このモデルがあったからこそロレックスは成長していったわけで、影の立役者的な存在でありオーソドックスな定番モデルであり、オールマイティな腕時計であるのがデイトジャスト。

そしてなにより、ロレックス。

ドレス系の腕時計でありながら、スポーツ感も備えた本当にオールマイティな1本。

文字盤が結構多いので何を選ぶかも楽しいのがデイトジャストなんですよね。

インデックスや文字盤が色々違うので組み合わせは数百と存在します。

36ミリというのも僕がおすすめするサイズです。

デイトジャスト41 Ref.126300

デイトジャスト41 Ref.126300

36ミリだと小さいかなという感じなら41ミリのデイトジャスト41がおすすめですね。

基本的にはサイズしか変わりません。

大きな腕時計が流行っているし、もし身長がある人や腕が太めの方ならこっちのほうが良い場合もありますね。

何にせよ、デイトジャストやオイスターパーペチュアルのようなシンプルなモデルはやっぱり良い。

オイスターパーペチュアル Ref.114300

そして落ち着いたオイスターパーペチュアル。

こちらでも紹介しているんですが、この落ち着いたスタイルはシンプルな腕時計が好きな人にすごくおすすめだし、なにより間違いがない。

父親におすすめしたいモデルとしても書いていますが、ミニマリスト的なスタイルが好きなら父親じゃなくても良いですね笑

これは嫌だというようなリスクが少ないですからね、こういうタイプの腕時計は。

冠婚葬祭にも無難で実際かなり重宝すると思います。

長く持っていればそのありがたさがわかってくるでしょう。

そういう意味も含めて3モデル紹介しましたが、後は好みの問題ですが、どのモデルも実際無難なスタイルです。

スポーツ系はいただけないという人には当然こういうドレス系がいいし、スポーツ系が好きな人も実は結構デイトジャストを持っていたりします。

そういう面で好き嫌いのリスクがないのがこれらのドレス系。

大学を卒業するお祝いとしてはかなり高価ですが、一生使え、代々譲っていけるのがロレックスですから、コスパは非常に高い。