ロレックス、いまこそスカイドゥエラーがおすすめ・オールステンレスが出ればスポロレのように人気が出るんじゃ?

スカイドゥエラーという腕時計をご存知でしょうか?

そりゃ知らないわけはないか笑

このスカイドゥエラーというシリーズは2012年に発表されたモデルで、空の住人ともニックネームがついたモデルで、GMT機能と年次カレンダーを搭載したロレックスとしては唯一の複雑機構モデルなんですね。

複雑機構をわざと作らないロレックスが作ったわけですから、当時としてはかなり話題になりました。

リングコマンドシステムと呼ばれるものが内蔵されており、ベゼルやリューズを回転させて、日付、ローカルタイム、ホームタイムを変更することが出来るようになっているんですね。

実際すごいシステムが搭載されているのですが、やはりスポロレ人気にはかなわないといった印象です。

どこかデイデイトのような印象も持つスカイドゥエラーはやはり年齢層が上の人に向いた腕時計なのかなという気がしています。

とは言え、年齢層が50代以上、60代70代になると今度はパテックフィリップやデイデイトなどのシリーズがありますから、やはりすこし影が薄い気がします。

とは言えロレックスはですから品質はまちがいありません。

いずれ今よりも注目を浴びる時が来るかなとも思っています。

こっちの記事でも書いているんですが、現在スカイドゥエラーの価格が上昇しているみたいです。

と言っても多分特にこのブルーダイヤルのコンビスカイドゥエラーが特にだと思うのですが、もしかしたらロレックスはこのままスカイドゥエラーをオールステンレス化すればマーケティング的には良いんじゃないかと思いました。

まあ、たしかにスカイドゥエラーは高級ラインで発表されたモデルなのでその変の方向転換はわかりませんが、ステンレスを混ぜたコンビモデルが最初から出ているのでオールステンレスが出てもおかしくはないかなと思います。

ロレックスはなぜかステンレスモデルのほうが大人気で、このまま実用性に優れたドレスラインのステンレスモデルが登場すれば今よりも人気は上昇するはず。

デイトジャストよりもよりスポーティで高価な印象を与えるスカイドゥエラーはセミスポロレとして活躍してくれるかもしれない。

ことはないか。。

わかりませんが、スカイドゥエラーがもう少し人気になってくれるといいなと思ったのでした。

というわけで、スカイドゥエラー、他人と被らないロレックスがほしいなら是非おすすめしたいモデルですね。

スポロレはエアキングやミルガウス以外ならかぶる可能性があるし、デイトジャストは文字盤の種類が多いですが、シリーズとしてはかぶるかもしれません。

スカイドゥエラーという選択もまたそういう視点で言えばありかなと思います。