2019年版、ロレックスのミルガウスとエアキングの定価/価格

ロレックスのスポーツモデルで一番やすいのはどのモデルでしょうか?

エアキング?ミルガウス?エクスプローラーI?

この中で一番定価が低いのはエアキングです。

687500円のエクスプローラーIに対して、エアキングの定価はなんと65万円台。

あまり定価は変わりませんが、それでも3万円くらいは定価に違いがあります。

よっておそらく販売価格も人気からするとやはりエアキングが一番安いスポロレになるんじゃないでしょうかね。

このエアキングなんですが、少々他とは違った系図をもっていて、一度シリーズとしては終わっているんですね。

2014年になってスポーツモデルとして復活したんですが、スタイルはこれまでのものとは全然違っていて、空を飛ぶパイロットのための視認性が高い腕時計として再登場しました。

このスタイル自体も他のスポロレとは違っていて、インデックスをみてもエアキングだと一目瞭然なんですね。

まだまだ人気モデルとして馴染んではいませんが、人気スポロレになる要素をたっぷり含んでいるので、将来的にはもっともっと価格が上昇してもおかしくないですね。

まあ、ということで今日のテーマはエアキング。

とミルガウスの定価について見てみましょう。

と言っても合わせても現行品は3モデルしかありませんが。。

ミルガウス 116400GV ステンレススティール Zブルー  864,600円

ミルガウス 116400GV ステンレススティール ブラック  864,600円

2019年11月、ロレックス ミルガウス Ref.116400GVの価格推移・実は結構人気があるの?

エアキング 116900 ステンレススティール ブラック  654,500円

ロレックスエアキング116900

こういう感じの定価です。

ミルガウスって不人気なイメージがありますが、実は結構定価は高め。

耐磁性が高いのでそのあたりでコストがかかっているんでしょうね。

エアキングはそのぶんシンプルな3針なので安め。

こういう感じなんですが、ブラックダイヤルのミルガウスは2015年に生産終了しています。

ホワイトダイヤルのモデルも2016年に続いて生産終了。

残っているのはブルーダイヤルのやつのみ。

この色合いがすごく特殊。

秒針も稲妻スタイルだし、この辺がすごく特徴的でかっこいいですよね。

なんというか、レアい。

ロレックスにしては遊び心があるという感じでしょうか。

その他のスポロレとはちょっと一線を画した印象です。

ということで、ミルガウスとエアキングの定価についてでしたが、皆さんはどっちがお好み?

僕はエアキングのほうが好きですね。

パイロットウォッチということなのでなんだか惹かれるのと、アラビア数字がなんか良い。