タグ・ホイヤーのモナコ。

これほど人目を引く腕時計があるでしょうか?

そりゃああるにはあるんですが、これほどインパクトのある腕時計だと、熱狂的なファンもやはりいるわけです。

僕は熱狂的とまでは行きませんが、なんじゃこりゃあ、になってから、今では好きな腕時計の一つになったのがこのモナコ。

モナコの腕時計にはいろいろとバリエーションがあるのですが、共通しているのはその形。

四角い腕時計で、強烈なインパクトというか、そういう感じの印象深いものがあるのですが、それが人間を虜にする理由の一つ。

こちらのマガジンでも女性にモテる方法、女性の扱いが上手になる方法について書いているので、気になる方はどうぞ。

さて、そんなわけで、今日のテーマはモナコ。

モナコを愛用している芸能人についてお話しというか、愛用している芸能人や有名人を紹介したいと思います。

というわけでさっそく。

宮迫博之

川上隆也

石黒賢

オリエンタルラジオ 中田敦彦

デンジャラス ノッチ

こういう感じ。

なんとも癖のありそうな感じの人ばかりなんですが、それだけモナコが少数派ということなんでしょうか。

実際それは良いことだと感じています。

なにせ、モナコには他の時計メーカーが出せない魅力や雰囲気がありますから、これ以上の腕時計はないとまで言う人もいるくらい。

風変わりな腕時計ほど、コアなファンを生み出すものはないのかなと思いますね。

好き嫌いは別れるでしょうが、それだけ根強いファンもいるということ。

さて、そんなモナコ。

四角いだけに、ダサいという意見もあるくらい。

もちろん僕からすればこんなかっこいい腕時計がダサいわけがない。

世界には有名な四角い腕時計が3つくらいあって、その中でも一番有名なのが、タグ・ホイヤーのモナコ。

次にベル&ロスという感じでしょうか。

このメーカーも実際癖があって僕は好き。

こちらでも紹介しているのでが、ベル&ロスがダサいのかかっこいいのかという議論なんですが、四角い時計はやはり一癖あるので、やはりなんとなく好きではないという人もいるみたい。

なんですが、高級なもの、人目を惹くものはやはり何か他とは違ったオーディナルではないなにかがあります。

リシャールミルが登場したときもそうだったし、フランクミュラーもそう。

今でこそ大人気のパネライもこの一癖あるデザインに外観にかしては賛否両論あったものです。

ロレックスですらそう。

ロレックスをダサいという意見はいまだになくならない。

というのはロレックスがスポーツウォッチをメインとして製造し、見た目よりも実用性を重視している部分が大きいので、その点について値段に見合ったものでないという意見が出たりするわけですが、実際ロレックスは定価はすごく安く、販売されている価格が人気がすごすぎて高額になっているだけなんですよね。

実用面を重視しているのが、ロレックスの作風なわけですから、この辺りで少々摩擦というのがあるわけです。

反対にランゲ&ゾーネなどのドレスウォッチを専門とする時計メーカーの時計はダサいという人がまるでいません。

いないんですが、売れているかと言えば別の話。

そのあたりがマーケティングの面白いところなんでしょうね。

つまりタグホイヤーに関してもそう。

ダサいという人もいるし、かっこいいと言う人や信者になっている人もいます。

四角い腕時計はそれだけで人気を分割し、好きか嫌いかに分けてしまいます。

その辺りが難しいところでもあり面白いところでもあるのですが、万人に受けるデザインの腕時計は正直飽きも早いと思います。

そして個性的な要素が詰まった時計がずっと変わらならいデザインで生み出され続けた場合、そのシリーズはすごく人気でアイコニックな存在になります。

モナコはもはやその領域にいるんじゃないかなと感じています。

四角い腕時計なのに、ここまで高級に仕上げられるのはやっぱりすごい。

そういう感じですね。

タグ・ホイヤーのモナコがダサいかかっこいいかで言うと、

かっこいいに決まってんだろーーーー!!!!

と叫びたくなるようなシリーズなのです。

歴史も面白いし、このシリーズ、おすすめですよ、ほんと。

タグホイヤーモナコクロノ キャリバー36 腕時計中古 CAL5111(質屋出店)


【セール!】【004】TAG HEUER タグホイヤー モナコ24キャリバー36 CAL5111 自動巻き ステンレス メンズ時計 仕上済◆中古Aランク
【自社管理番号】0001900911D55914 【ブランド名】TAG HEUER タグホイヤー 【商品名】モナコ24キャリバ…

タグ・ホイヤーモナコクロノグラフスティーブ・マックイーンCAW211Dブルー中古