2020年オメガ新作シーマスターダイバー300m 007エディション コーアクシャル マスタークロノメーター 42mm Ref.210.92.42.20.01.001/Ref.210.90.42.20.01.001

オメガはどちらかというとパイオニア的なブランドと言えるでしょう。

2018年、突然のバーゼルワールド撤退の発表を行ったのはオメガが所属するスウォッチグループでした。

僕はその時ちょうど庭でこうして時計に関して物思いにふけっていたときでした。

そのニュースを見て非常に驚いたことを覚えています。

『オーマイガー!』

とね。

語り口がコナンみたいですが、どうすればコナンや灰原さんのような語り口になるかというと、倒置法を使うということです笑

まあそんなことを知りたいがためにここを訪れておられるわけではないと思われるのですが、今日はそういう感じである新作の腕時計を紹介したいと思います。

そう、オメガのね。

オメガ 007 エディション シーマスターダイバー300m コーアクシャル マスタークロノメーター 42mm Ref.210.92.42.20.01.001/Ref.210.90.42.20.01.001
オメガ 007 エディション シーマスターダイバー300m コーアクシャル マスタークロノメーター 42mm Ref.210.92.42.20.01.001/Ref.210.90.42.20.01.001

こういうやつなんですが、リファレンスが二つあるのは、ブレスレットがメッシュのやつとNATOストラップのやつの2種類あるからです。

そう、2種類ね。

しつこいですね笑

さて、このモデル、なんともいい感じに日焼けした感じでブラウンになっていますが、なんともアムロさんっぽいこんがりな感じに仕上がっています。

これ、赤井秀一が見たらどう思うでしょうか?

ジョディ先生なら、『あーら、かっこいいですねー!』と、変なイントネーションで言っちゃうんでしょうね。

それか『シュウ!』

シュウ関係ないかw

これなんでこんな色になっているのかと言うのはデザインの一つなので、意味はないのかもしれませんが、わざとヴィンテージ調にデザインしているあります。

結構最新の技術などを使用していて、古さを見せかけるのは結構難しいみたいですね。

文字盤やベゼルリングにはアルミニウムを使用しているみたいなんですが、ベゼルにはセラミックを使用するのが流行っているので、素材の高度的にはちょっと心配です。

なぜここにきて、ベゼルにアルミなのかはよくわかりませんが、ヴィンテージ調がかっこいいのは確か。

パネライなどもアンティークな感じの腕時計を作るのが好きですから、やはり一定の需要があると考えられます。

古い見た目ながらもインデックスや針にはスーパールミノバが使用されており、夜間の発光に関しては普通に現代的。

何度見ても紫外線焼けしているかのような見た目ですが、夜光塗料の相性は実は結構かっこいい。

オメガ 007 エディション シーマスターダイバー300m コーアクシャル マスタークロノメーター 42mm Ref.210.92.42.20.01.001/Ref.210.90.42.20.01.001

そして次は裏面。

いろいろとエングレービングされています。

と言っても文字だけなんですが、これでも結構な数の数字が掘られています。

これを一つ一つ説明すると、

『0552』は海軍所属のコードナンバーだとのこと。

ジェームズ・ボンドは海軍でもあるそうだ。

『923 7687』はダイバーズウォッチであるということだそうです。

オメガが設定する独自のコードですかね、これは。

『A』はご存知ねじ込み式リューズを表すコードだそうです。

そんなコードが存在していたなんて、全然知らなかった。

『007』はジェームズ・ボンドのコードナンバーです。

エージェントとしてのコードナンバーがみんなに用意されていますが、006が出てた映画はなんてやつでしたっけ?

ショーン・ビーンが出てたやつでしたが、彼は悪役がめちゃくちゃ似合う。

悪役が出来る役者はモテモテになれますからね、羨ましい限りだ笑

そして最後の『62』は007シリーズで最初に映画になった『ドクターノオ』がイギリスのロンドンで世界初公開された1962年にちなんだ数字だそうです。

そして最後の最後にある『4869』は、アポトキシン4869から取った数字で、『シャーロック』を文字って数字に置き換えたのがこの『4869』なのです。

え?そんなのない?

確かに、すみません笑

そしてこの裏蓋にはもう一つ秘密があって、ナイアードロックと呼ばれるオメガの特許技術が使用されています。

蓋を締める時にまっすぐとしたくても、最初の締める位置によって、向きが変わっちゃいますが、いつも同じ向きで閉まる技術がこのナイアードロックなんですね。

いつもまっすぐ上を向いている感じですね、蓋が。

このモデルにそれが採用されています。

そういう感じで誕生した2020年最新の007モデルのオメガのシーマスターなんですが、これは防水性が300メートルもあるみたい。

300メートルもあるので、実際にシーマスターはプロのダイバーを使用している腕時計の一つです。

なので、メッシュになっているのは、そういった目的もあるためなんですが、水圧にも耐えうるように、ブレスレットやストラップは2種類用意されています。

1つ目はメッシュのやつなんですが、素材はグレード2チタンと呼ばれる、グレード5チタンよりも純度の高い素材。

そして2つ目はご存知ナイロン製のNATOストラップ。

引き通しタイプのやつなんですが、水に浸かる場合はこういうほうが良い場合も多々あります。

チタンのメッシュベルトもすでに良い選択なんですけどね。

そういう感じで、オメガの新作映画、『No Time To Die』が4月に公開されますが、これがダニエル・ラドクリフじゃなかった、ダニエル・クレイグにとって最後の007映画になりそうです。

なので、ダニエル・ラドクリフ、じゃなかった、、ダニエル・クレイグファンの方は是非劇場で見てみてください。

映画の上映は4月なんですが、この腕時計は2月にリリースされるみたいですよ。

『公開に先立ってね。』

時計型麻酔銃じゃないんですけどね笑

ちなみに価格はメッシュブレスのモデルが108万9000円で、NATOストラップのモデルが95万7000円です。

ブレスレットでここまでの違いが出るとは。