2020年、ディスコン(生産終了)になったパテックフィリップのメンズ腕時計

なんとなんと、パテックフィリップにもやはりディスコンとなったモデルが存在します。

そりゃそうですね、新作が登場すれば、ディスコンとなるモデルも存在します。

腕時計も新陳代謝が必要となってくるわけですが、ロレックスに比べてもパテックフィリップの新陳代謝は割と早い感じがします。

まあ、ロレックスが慎重に慎重に、新作モデルやディスコンモデルを選んでいるのでしょうから、比較して他社の腕時計のバリエーションが入れ替わるのが早いのは無理もないことなんですね。

こちらでも2019年に生産終了になって、カタログから消えたモデルについて書いているので、どんなモデルがディスコンになったのか気になる方は読んでみてください。

というわけで、今日のテーマは2020年にディスコンになる/なったパテックフィリップのメンズウォッチについてです。

非常に悲しい出来事ですが、新作が登場するということは、旧作はなくなってしまうということです。

あまり人気がでなくて、売れなかったようなモデルや、採算が取りにくいようなモデルはそういう感じで生産されなくなっていくのですが、それも致し方ないことですからね。

感傷的にならずに、さっそく見てみましょう笑

ノーチラス Ref.5711/1A-011
ノーチラス Ref.5711/1A-011

カラトラバ Ref.6006G-001
カラトラバ Ref.6006G-001

コンプリケーション Ref.5960/01G-001​
コンプリケーション Ref.5960/01G-001​

グランドコンプリケーション Ref.5374P-001
グランドコンプリケーション Ref.5374P-001

グランドコンプリケーション Ref.5370P-001
グランドコンプリケーション Ref.5370P-001

グランドコンプリケーション Ref.5204R-001
グランドコンプリケーション Ref.5204R-001

グランドコンプリケーション Ref.5159G-001
グランドコンプリケーション Ref.5159G-001

グランドコンプリケーション Ref.5159J-001
グランドコンプリケーション Ref.5159J-001

グランドコンプリケーション Ref.5159R-001
グランドコンプリケーション Ref.5159R-001

グランドコンプリケーション Ref.5496P-015
グランドコンプリケーション Ref.5496P-015

グランドコンプリケーション Ref.5496R-001
グランドコンプリケーション Ref.5496R-001

グランドコンプリケーション Ref.5327J-001
グランドコンプリケーション Ref.5327J-001

こうしてみると、メンズモデルだけ、結構な数になっちゃいます。

こんなにたくさんのモデルが現役で存在していたとは。

もしかしたら、登場したばかりでなくなっちゃうモデルもあるのかもしれません。

パテックフィリップのどのモデルがいつ発売されたのかということにはあまり詳しくないので、なんとも言えないのですが、比較的デザインが新しそうなのもあるので、数年でディスコンになっているのもあるのかなと感じました。

コンプリケーションやグランドコンプリケーションなんかは、あまり数が出るタイプの腕時計じゃないですからね。

やはり、ノーチラス一択といった感じなんでしょうか。

カラトラバも結構人気ですけどね。

とは言え、ノーチラスの白文字盤のステンレスモデルも廃盤になるみたい。

個人的にはあまりかっこいいとは感じないモデルなので良いんですが、ダークブルーダイヤルの一本はさすがになくならないでしょうね。

世界的にも一番人気のノーチラスがその青文字盤の1本で、何年も納入待ちしている人がいるみたいですかね、実際。

購入した当初から納期が7年ということもあるみたいです笑

それだけ人気のノーチラスは当時購入した価格よりも数百万も値上がりしていて、まだ納期待ちで手に入っていない状態なのに、ノーチラスで一山当てた人もいるんですよね笑

人気が価格を跳ね上げ、納期を遅らせたおかげで、購入はしたものの、まだ手元に届いていない状態なんだけど、数百万縁の利益を上げているということ。

ちょっとした笑い話みたいなお話なんですが、今のパテックフィリップはノーチラスでもっているようなもの。

実際一つのモデルに固執した運営は危険である気がするのですが、オーデマピゲのロイヤルオークもそんな感じなんじゃないでしょうかね。

その点ロレックスはデイトナを筆頭に、うまく人気モデルを分散させている気がします。

とは言え、どんなモデルが人気が出るかはやはり判断が難しかったりするんですが。。

ですが、パテックフィリップはノーチラスのようなラグジュアリースポーツをもう少し増やしても良いかも知れないですね。

アクアノートもかっこいいし、ロレックスのように、スポーツモデルの種類が多いと、それだけ間口が広がるということですから、ノーチラスやアクアノートの他にもう一つなにかあれば安定するんじゃないかなと思ったのでした。

とは言え、今あるノーチラスの人気を分散させてしまう可能性もないことはないので、このままで良いのかも知れませんが。。

ということで、2020年、パテックフィリップがディスコンにしてしまったメンズ腕時計でした笑

やっぱりノーチラスはたまらんすね。