今ラグジュアリースポーツが熱い!・ラグジュアリースポーツは何種類ある?

今熱いのはラグジュアリースポーツタイプの腕時計だと言えます。

どう熱いのかというと、あっつあっつなのです。

ラグジュアリーで高級感があり、インデックスや針に夜光塗料などが塗布してあるタイプのスポーツウォッチが世界的に大流行しているんですね。

例えばどんなモデルかというと、

パテックフィリップのノーチラスや、オーデマピゲのロイヤルオークや、ロレックスのデイトナや、ヴァシュロンコンスタンタンのオーヴァーシーズや、ゼニスのデファイや、ブルガリのオクトや、ジラールペルゴのロレアートなんかがそうですよね。

パテックフィリップ ノーチラス
パテックフィリップノーチラス

オーデマピゲ ロイヤルオーク
ロイヤルオーク スレートグレー Ref.15500ST.OO.1220ST.02

ロレックス デイトナ

ヴァシュロンコンスタンタン オーヴァーシーズ

ゼニス デファイ
デファイ エルプリメロ 21 グレー ブレスレット Ref.95.9000.9004/78.M9000

ブルガリ オクト

ジラールペルゴ ロレアート

どういう感じの腕時計かというと、まずは高級感があって、ラグジュアリーであることが第一の要素です。

そして、スポーティな印象も併せ持っていることが条件に挙げられます。

例えば、先程も述べたように、針やインデックスに蛍光塗料が塗られていたり、針やインデックスの視認性が高かったり、ラグがないケースだったりする感じでしょうかね。

ベゼルの有無でいうと、ラグジュアリースポーツの腕時計の多くはベゼルにスケールやタキメーターがありません。

ロレックスのデイトナをラグジュアリースポーツとしてリストに入れているのですが、ラグジュアリーでスポーティな腕時計という定義から言えば、やはりロレックスのデイトナも樹分に条件を満たしています。

まあ、この辺は曖昧なんでしょうけどね。

まあ、この存在自体が曖昧だったりします。

ラグジュアリーであり、そして同じ方向性とは言えないスポーティな要素も含んでいるという点で、どこか矛盾した曖昧でいい加減な感じとも取れるわけですから。

とは言え、このラグジュアリーでスポーティな腕時計が世界的に大ヒットしています。

上記で挙げたモデルの中で特に人気なのが、ロレックスのデイトナ、オーデマピゲのロイヤルオーク、そしてパテックフィリップのノーチラスなんですが、これらのうちどれか一つでも所有していれば十分と言えるでしょうね。

個人的にはこの中の1本どれか一つあれば満足できると思います。

どれも数百万円の代物ですからね笑

とは言え、これらの腕時計が買える人ばかりではありません。

こちらの記事でも紹介しているのですが、これらの腕時計は特に値上がりしていて、通常の価格からはありえない程の価格高騰を見せているのです。

本当にありえないくらいの人気ぶりで、ノーチラスなんかは2019年の夏前には1100万円の値をつけましたからね笑

笑えないくらい高額ですw

さて、ラグジュアリースポーツと言っても、パテックフィリップやオーデマピゲやロレックスばかりじゃありません。

上記でも紹介しているように、いまゼニスのデファイが熱いし、世界三大時計ブランドのヴァシュロン・コンスタンタンのオーヴァーシーズもナイスなチョイス。

そしてジラールペルゴのロレアートという選択もオシャレだし、ブルガリのオクトなんかは、パテックフィリップのノーチラスやオーデマピゲのロイヤルオークと同じデザイナーですから、やはり似た遺伝子を持っていたりします。

そして同じように八角形のスタイルが非常に魅力的なんですよね。

さらにブルガリに腕時計をめちゃくちゃ薄く作る技術なども持っているので、その点薄い腕時計などが好きな人は一度ブルガリのオクトの超薄型自動巻きウォッチを見てみることをおすすめします。

本当に驚かれると思います、あの薄いケースにあれだけの機械が内蔵されているわけですから。

さて、そんなわけで、ジラールペルゴなんですが、ジラールペルゴのロレアートはロイヤルオークのデザインともかなり似ていて、同じジェラルドジェンタさんデザインだと思われるのですが、実はそうではなく、著名なイタリア人建築家によってデザインされたものらしいのです。

ジラールペルゴのロレアートの誕生は1975年で、ロイヤルオークの数年後に登場していることから、時代背景的にもジェラルドジェンタさんだと思われやすいのですが、どうやら違うようです。

とは言え、あまりにも似ているので、勘違いするのも無理はないんですよね。

という感じで、今ラグジュアリースポーツが熱いですが、数百万円も出さなくても100万円以内で購入出来るモデルもいくつも存在します。

基本的にはステンレスブレスですから、それらが苦手な人は、レザーストラップに交換して使用することもできますが、1本持っていれば非常に重宝するタイプの腕時計だと思います。

ラグジュアリースポーツは。