オメガの腕時計がダサいだって?・スピマス、シーマス、カッコいいっすよ!

オメガは高級腕時計の仲間入りをしていますが、それでも価格帯としては安い方だと思うのです。

オメガの腕時計は全体的にまだまだ100万円以下で購入出来るし、シーマスターなんかはクオリティを考えると、かなりコスパが高い腕時計という位置づけでした。

最近ではシーマスターの価格も上昇してきており、50万円以下ではなかなか難しくなりつつあるのかなという感じです。

これまでが安すぎたという印象ですから、今の価格が適正なのかなという感じですね。

シーマスターにどんなものが内蔵されているかということを考えるとやっぱり1本は持っておきたいというのが本音です。

シーマスターの防水性はサブマリーナと同等で、中には600メートルの防水性を誇るものも存在します。

しかもたくさん。

そしてオメガがある機構で有名なのは、みなさんもご存知でしょうが、敢えて説明すると、コーアクシャルですよね。

2枚のがんぎぐるまで摩耗を半分に抑えることで、メンテナンス性が向上した点は、所有するオーナーとしてはやはり助かります。

単純にオーバーホールする回数が半分になったということですから。

つまりメンテナンス代金が半分ですむということ。

もしたとえば10年以内に手放す場合なら、オーバーホール代金が無料ということになります。

しなくてすむわけですから。

もちろんこれは、あくまで目安の話なんですが、それでもメリットになる話です。

そして耐磁性に関しては世界一の能力を誇るのがオメガ。

磁力云々というまえに、金属物質がかなり少ないので、もはやそういった問題ではないんですね。

MRIでも平気だということを聞いたことがあります。

かなり優秀でかなりかっこいいのがシーマスターに対する僕の意見なんですが、もちろんスピードマスターに関しても、男性が好きな腕時計の代名詞的なデザインなので、これもダサいかどうかと言われると、なんでダサい??となってしまいます。

とは言え、オメガの腕時計にもダサいと評判がつけられていることもあります。

もちろんそれは個人的な見解でしょうから、主観なので、周りがどうこう議論することではありませんが、もし自分がもっているオメガをけなされた場合なんかは、ちょっと他人事ではないことでしょう。

でもご安心ください。

オメガの腕時計がダサいだなんて、多くの方は思っていません。

他がどうこうというわけではないんですが、ファッションとしても腕時計は重要なアイテムですから、周りの意見なんかも気になるということが確かにあります。

とは言え、オメガは全く持ってダサくない。

というかむしろオーソドックス的で、定番系な腕時計を作っているので、嫌われる要素があまり無い気がするんですよね。

確かにスピマスなんかは、面白くないくらいオーソドックス的なんですが、元祖のデザインなので、例えるなら、ポテトチップスの塩味という感じでしょうか。

シーマスターに関してもこれほどの腕時計があるのかとさえ思えるスペックを備えているし、プロのダイバーが使用することということもあって、それなりの防水性や視認性を備えているぶん、デザインはやはりちょっと野暮ったくなりますが、それはダサいのではなく、機能性を重視した機能美というやつなんですね。

ですから、もしダサいなんて言われた人は気にしてはだめですぞ。

デヴィルに関してもそうだし、コンステレーションに関してもそう。

それなりの理由がデザインには込められているし、コンステレーションなんかは、ジェラルドジェンタ氏のデザインなので、泊がありますよね。

デヴィルに関しても、やはりアーバン的な感じとオメガデザインが融合した印象ですから、なんというか大人っぽい。

全体的に。

その辺りはスピマスやシーマスとは正反対なんですね。

というわけで、オメガがダサいかどうかについてだったんですが、全く持ってださくありませんぞ。

オメガ メンズ腕時計 スピードマスター レーシング マスター クロノメーター 329.32.44.51.01.001
[ショッピングクレジット60回払い迄 分割金利手数料当店負担][送料無料][OMEGA`ブランド腕時計`ブランドウ…