TKO 木下隆行さんが愛用するロレックス サブマリーナ グリーン Ref.116610LV・『有吉の夏休み2018 密着120時間inハワイ』にて

お笑い芸人には腕時計にお金を掛けている人が多いですが、TKOの木下隆行さんもまた、腕時計が大好きだったりします。

特に木下隆行さんが好きなのは、ロレックスで、以前でもこのブログで木下隆行さんが愛用しているロレックスのエクスプローラーIについてお話ししているので、以下の記事を読んでみてください。

というわけで、今日のテーマは木下隆行さんが愛用している、エクスプローラーIとは違う腕時計についてです。

このモデル。

TKO 木下隆行 ロレックス サブマリーナ グリーン Ref.116610LV・『有吉の夏休み2018 密着120時間inハワイ』にて
TKO 木下隆行 ロレックス サブマリーナ グリーン Ref.116610LV・『有吉の夏休み2018 密着120時間inハワイ』にて

グリーンサブの1本ですね。

木下隆行さんが持っているもう一つの高級時計もまた、ロレックスなんですが、今回紹介しているモデルは、サブマリーナの現行品です。

2020年、2月の時点で現行なので、今後は前作になっちゃう可能性も毎年上がってくるわけですが、今の段階では現行のグリーンサブ。

こちらの記事でもサブマリーナが2020年のバーゼルワールドの新作発表で、モデルチェンジするかもしれないということについて言及しているので、気になる方は一読ください。

そういうわけで、木下さんのサブマリーナなんですが、特筆することはございません笑

みなさんもロレックスのサブマリーナについては詳しいでしょうから、あまり説明する内容が絞られてくるわけですが、一応簡単に説明すると、116610LVはグリーンサブでは2代目になるんですね。

16610LVが登場したのは、2003年のこと。

1953年に登場したサブマリーナの半世紀を祝って2003年に黒文字盤にグリーンベゼルが合わさったグリーンサブを登場させたのですが、あまりに人気で、そのままレギュラーモデルとなったやつなんですね。

2010年に、黒サブがモデルチェンジするのにあわせて、グリーンサブも2代目に突入したのですが、それがこのモデル。

今じゃノーマルの黒ベゼルのモデルよりも人気で、価格差は50万円ほどになっているんですが、定価は6万円くらいしか違いません。

明らかに緑のサブマリーナのほうが人気になっていて、今じゃなかなか買えない腕時計の1本になっているんですね。

一度200万円の大台にのったこともあったんですが、近い将来200万円を超える腕時計になることは間違いないでしょう。

ちなみに16610LVと116610LVの違いは文字盤の色で簡単に判別出来ます。

初代のモデルは黒文字盤、2代目のモデルは文字盤まで緑になっています。

細部に限ってはまだまだ違いがあるんでしょうが、気になる方は以下の記事を参考にしてみてください。

というわけで、木下隆行さんが、『有吉の夏休み2018 密着120時間inハワイ』で着用していたサブマリーナについてでした。

image by www.excite.co.jp