ローレウス財団とコラボしたIWCのポルトギーゼ4モデル・綺麗な青文字盤と世界こども絵画コンテストのエングレービング

ローレウス財団というのをご存知でしょうか?

ローレウス・スポーツ・フォー・グッド財団はスポーツを通じて社会貢献するという財団で、IWCのパートナーとなっています。

そんなローレウス財団とIWCは毎年青を基調とした文字盤の腕時計を生み出しています。

どのシリーズで登場するかわからないのですが、今日はそんなローレウス財団モデルのポルトギーゼを何本か紹介したいと思います。

ポルトギーゼクロノオートマティック ローレウス Ref.IW371432

ポルトギーゼクロノオートマティック ローレウス Ref.IW371432

というわけで1本目はみなさんご存知、世界一美しいクロノグラフといっても過言ではない、IW3714シリーズの1本。

やや濃いめの青が特徴的な1本で、日の出前の暗い夜空を思わせるのは気のせいでしょうか?

よく見ると文字盤全体が青いわけではなく、ダイヤル外周は白くなっているのがこのモデルのローレウスポルトギーゼの特徴。

そうじゃないと見分けがつきませんからねw

世界限定2000本の限定品です。

ポルトギーゼ オートマティック 7デイズ ローレウス Ref.IW500112

ポルトギーゼ オートマティック 7デイズ ローレウス Ref.IW500112

2本目はポルトギーゼのロングパワーリザーブモデル。

7デイズの長いリザーブモデルで、通常モデルにはない綺麗な青い文字盤が使用された1本。

上記のポルトギーゼよりもやや大きめのケースで、白いインダイヤルもいいアクセントになっています。

逆青パンダという感じでしょうか?

ポルトギーゼ ヨットクラブ ローレウス Ref.IW390213

ポルトギーゼ ヨットクラブ ローレウス Ref.IW390213

そして3本目はヨットクラブのポルトギーゼ。

縦目のクロノグラフで、赤いカウンター針が特徴的な富裕層に向けたマリンウォッチ。

45.4ミリという巨大なケースもその特徴のひとつで、海とローレウス財団コラボの青がよくマッチした1本です。

ポルトギーゼ クロノグラフ クラシック ローレウス限定 Ref.IW390406

ポルトギーゼ クロノグラフ クラシック ローレウス限定 Ref.IW390406

そして最後は2015年の新作モデル。

新しめのポルトギーゼのデザインだということがよくわかりますが、レールウェイトラックなどは実は昔のデザイン。

名前の通り、クラシックにまとめられたクラシックなクロノグラフで、ポルトギーゼのデザインは踏襲しつつ、モダンに仕上げられたかっこいいポルトギーゼのローレウスブルー文字盤のモデルがこれ。

世界限定1000本のリミテッドモデルで、数に限りがありますが、まだ新品が残っているかもしれません。

というわけで、あまり聞いたことがないかもしれないですが、ローレウス財団とコラボしたIWCの腕時計はどれも青文字盤が使用されています。

裏蓋にはそれぞれ、世界子供絵画コンテストの最優秀賞作品の絵がエングレービングされています。