スーツに似合う小さなメンズビジネスウォッチ・18世紀から続く老舗ブランドジラールペルゴのヴィンテージ 1945 Ref.25835-11-121-BA6A

さてスーツを着て仕事をする人は幾分機械式時計に興味があるひとが多い気がします。

かっちりしたスーツにはドレス系や高級なスポーツウォッチが非常によく似合うし、身も心も引きしまるアウトフィットには高価な腕時計もまた良く似合う。

最近はシーンに合わせて腕時計を変える人もいるくらい機械式時計ブームが来ているとも言え、一人で2本、3本持っている人も結構いるみたいです。

前回は人気のビジネスウォッチについてお話ししましたが、今日もまたランキングに入っている人気のビジネスシーンで活躍する、、というかつけてるだけなんですが、そんな腕時計を紹介したいと思います。

嫌味のないオシャレなスーツにも似合うメンズビジネスウォッチ・レクタングル編・ジャガールクルト レベルソ クラシック ミディアム スモールセコンド Ref.Q2438520

これは前回お話ししたモデルで、ビジネスマンにはもってこいなレクタングルウォッチ。

長方形な腕時計が非常に大人っぽいんですが、年齢を重ねるごとに丸形以外の腕時計が好きになったりするようです。

それと同時に、年を重ねるとレクタングルやトノー型の腕時計が似合うようになります。

フランクミュラーやリシャールミルのような腕時計も30代、40代と年を重ねるごとに似合ってくるようになるんじゃないでしょうか。

というわけで、今日は2017年にジャガールクルトのレベルソと同じくらい人気だったジラールペルゴのヴィンテージ1945を紹介したいと思います。

ジラールペルゴ ヴィンテージ 1945 Ref.25835-11-121-BA6A

ジラールペルゴ ヴィンテージ 1945 Ref.25835-11-121-BA6A

この1本。

ダンディな年齢層にふさわしいジラールペルゴの腕時計です。

1700年代からの古い歴史を持つ老舗ブランドで、数々の美しいレアなピースをこの世に生み出している玄人向けのブランド。

ジラールペルゴのブリッジと言えば時計マニアの人はたまらないと思います。

というわけで、ヴィンテージ1945。

見た目がすでに玄人向けの1本で、アールデコ調のシルエットが特徴的な綺麗で大人っぽい腕時計。

縦横ほぼ33ミリの小さなケースですが、縦と横にサファイアクリスタル風防とともに湾曲しており、球面のようになっているのも特徴の一つ。

万人受けするタイプの腕時計じゃないかもしれませんが、芸術的要素を含んだアーティスティックな1本。

パテックフィリップのカラトラバと同じようなシャープなドルフィン針や、ちょっとコミカルなアラビア数字のインデックス、9時位置のスモールセコンドや2時位置のデイト、などなど、このモデルを特徴づける要素が非常に多いです。

ビジネス時計にもってこいなサイズ感で時計を着用していてもスーツの上着を脱いだり着たりできるのもコンセプトにあっています。

パネライのルミノールだったらそうはいかないでしょうからw

あれはあれでカッコいくて好きなんですけどねw

というわけで、大きな腕時計が苦手という人におすすめビジネスウォッチでした。