ベッカムのロレックス・シードゥエラーディープシー Ref.116660

さて、ワールドカップで世界中の女性を虜にしたベッカム。

彼を虜にした腕時計はなんでしょう?

ブライトリングかもしれません。

しかし今回お話しするのは、

これもまた、世界中を虜にする、

ロレックスくん。

ベッカムシードゥエラー

ベッカムがいつも右腕にしているのは、

デイトナでもない、デイデイトでもない。

シードゥエラーなんですね。

これは意外すぎる。

ディープシー

ベッカムがしている時計にしては全然高くない。

そこがまたツウな感じです。

ロレックスの防水技術集大成モデル。リングロックシステムと呼ばれる特殊なケース構造により3900mの防水性を実現。また、2つの技術が融合したバックルが装備され、機能性・着用時の快適性・脱着時の操作性が大幅に向上している。モデル名の「ディープシー」は、シードゥエラーの起源となる1950年代に試作された「ディープシー・スペシャル」に由来している。
by 909

実際この価格でベッカムと同じ腕時計っていうのが、

なんだかアイドルが近い気がしてうれしい気持ちになったりしますw

とは言ってもですね、ベッカムが普段使用にしているのがシードゥエラーなだけで、実際はジェイコブの高級すぎるやつとか、いろいろ持ってたりするわけですw

まあ、世界のセレブともなれば買えないものはないでしょうから、ロレックスで終えるとは思えません。

とは言っても、逆に言えば、世界中のありとあらゆるものを買える大富豪たちが、挙ってロレックスを選ぶということは、それだけロレックスが良いという証拠でもあります。

フェラーリやランボルギーニ、アストンマーチンやロールスロイスなどの高級すぎる車がありますが、価格帯では格段に低いメルセデスベンツに乗ることとよく似ています。

ベンツとロレックスにはそういった共通点があります。

ベッカムもよくわかっているんですね、ロレックスが最高の時計ブランドの一つだと。。

って、何様w

さて、そんなベッカムのロレックスなんですが、2018年になってシードゥエラーディープシーの新型モデルが登場しました。

2017年にシードゥエラーの誕生50周年を祝って新型モデル Ref.126600が登場しましたが、2018年人は続いてディープシーモデルも登場しました。

ですから、ベッカムのディープシーのモデルはこれから価格が上昇していくことでしょう。

過去のロレックスは新型の噂とともに、どんどんと価格が上昇する傾向にありますから、ベッカムのシードゥエラーもこれから投資対象として市場から姿を消していくことでしょう。

というわけで、、ベッカムがなぜかいつも右腕にしているシードゥエラーのディープシーでした。

ベッカムのシードゥエラーディープシー Ref.116660

新型シードゥエラーディープシー Ref.126660