金属アレルギーにロレックス 904Lという選択

金属アレルギーは他人事じゃありません。

いつ急になってもおかしくないとはいうのは少々言い過ぎかもしれませんが、


image by ga-m.com

しかし金属アレルギーをなめちゃあかんぜよ。

ということでロレックスの904Lの話です。

だいたいの高級ステンレス時計は316Lと呼ばれる、

医療用メスなどに使われるステンレス鋼が使われているそうです。

これだけでも通常のステンレス304よりはアレルギーを起こしにくいのですが、

その上を行くステンレスが904Lなのです。

316Lのクロムの含有量18%を超える含有量を誇る904Lは、

さらにアレルギーを起こしにくくなっています。

その分値段は高騰しますが。。

ロレックスはその素材を90年代の初め頃に採用しまじめました。

サブマリーナなどの海洋時計のみかと思いきや、

今ではロレックスのすべてのステンレス時計は904Lで出来ています。

そこがロレックスの凄いところです。

サブマリーナ 116610LN

デイトナ Ref.116500LN

シードゥエラー Ref.126600

にしてもサブマリーナかっこいい。。。

画像じゃなかなか良さが伝わらないんですが、

動画だとサイズ感やきらびやかな感じが見えて良い!

サブマリーナは絶対黒ベゼルがおすすめですよ。

サブマリーナ 116610LN

ということで話がずれてしまいましたが、

904Lに多く含まれるクロムは、

素材を錆や腐食から保護する薄い膜

つまり、難しいのですが、

「不動態皮膜」

というものをを形成するそうな。

それを存分に使っているロレックス。

しかし金属アレルギーなら念のためにブレス素材はレザーを選ばれることをおすすめします。

出来るだけ肌に触れる金属部分は少ないほうが良いですからね。

デイトナ Ref.116515LN

僕が一番おすすめするデイトナ、

Ref.116515LN

です。

このゴージャス感はんぱないですね。

といってもこれは904Lじゃなくでピンクゴールドなんですが。。

しかし、

ピンクゴールドすなわち18K。

ということは75%は金です。

実は金はアレルギーを起こしくい。

とはいっても残りの25%の中に銅や銀が含まれるので完全に金属アレルギーフリーにすることはできません。

なんにせよ100%金属アレルギーを起こさないというのは金属素材を使っている限りは断言できません。

現時点でアレルギーを最も起こしにくい金属素材は純チタンだと言われています。

こちらの記事でも紹介しているんですが、

ロレックスではないんですがチタンもひとつの代替案です。