パネライ・ルミノール、1950あるなしの違い

ルミノールに『1950』があるのとないのではどう違うの?

おお、ルミノール、

どうしてあなたはルミノール。

ということでルミノールには

『1950』

と表記されたものとないものがあります。

この違いはいたって簡単です。

パッとみすぐわかる違いは、

リューズガードに

「REG.T.M.」

と刻まれていることです。

これはパネライがリューズプロテクターについて、

特許を取ったということを意味しています。

特許、とったどー!!

とリューズに表現しているわけです。

PAM00111

これが何も表記がないリューズガード。

なので1950ではありません。

でこっちがとったどー!と表記のあるモデル、

つまり1950なわけです。

他にも1950という名前を付けた理由に復刻という意味があるので、

軽量化の逆のことを意味するのか、すこし立体的に作ってあります。

ほかにもデイト表示の拡大レンズのあるなしも、

1950であるかないかの違いになってきます。

拡大鏡あり

拡大鏡なし

拡大鏡がないのが1950でスタイリッシュで野暮ったさがなくなります。

    1950の特徴

  • 「REG.T.M.」の刻印がリューズガードにある
  • デイト表示の拡大レンズがない
  • 作りが立体的

1950じゃないモデル

ルミノール PAM00104

1950モデル

PAM00312

ルミノール 1950

青く光る夜光塗料が素敵です。

3日間という長いロングパワーリザーブが実用的です。

まとめ

パネライにはこういう感じで3日間というパワーリザーブを搭載したモデルがたくさんあります。

さらには6で言う、そして8デイズ、その上は10デイズという具合です。

パネライは他にはない特徴を秘めた時計メーカーで、例えば今話している長いリザーブ時間もそうだし、大きな時計を売りとしているところもそう。

チタンとかセラミックの時計もたくさん作っているし、ステンレスほどじゃないですが、3つの素材で主に時計を作っています。

これらが僕がパネライが好きな理由なんですが、今回テーマとなっている1950かどうかという点。

僕は過去のパネライが好きなので、どちらかと言うと少々野暮ったい1950無しのプレーンで手のかかるルミノールの方が好きです。

まあどちらにせよ、パネライのルミノールはとても目立ついい腕時計です。

大きな時計が流行っていますが、新たなジャンルを切り開いたのパネライが最初。

いまでもパネライのルミノールやラジオミールに勝るデカウォッチはないと思っています。