『アメトーーク!』などでケンドーコバヤシさんが着用していた雲上ブランドの腕時計・ヴァシュロンコンスタンタン オーヴァーシーズ Ref.4500V/110A-B128、ジラールペルゴ ロレアート Ref.81000-11-431-11A、パテックフィリップ ワールドタイム Ref.5110G-001

芸能界きっての時計好き、ケンドーコバヤシさんの腕時計は前回2回にわたって紹介しましたが、今日は第3弾。

それも雲上ブランドの時計を3本紹介したいと思います。

まずだいたいに持っている腕時計がすごいのと数が多いのですが、今日のは見ごたえあるモデルばかり。

ということで1本目。

ヴァシュロンコンスタンタン オーヴァーシーズ 41mm ブルー Ref.4500V/110A-B128

出ました、いきなりヴァシュロンコンスタンタン。

このモデルはもはや説明する必要もないと思いますが、世界3大時計ブランドの一つとして有名で、芸能人なら結構持っている人も多いんじゃないかなと。

林修先生はヴァシュロンコンスタンタンのパトリモニーを持っているみたい。

ケンドーコバヤシさんが持っているモデルは2016年に登場した新作で、裏蓋がシースルーになっている。

このシースルーバックはフルモデルチェンジした2016年モデルからの使用で、裏蓋からはゴールドのローターが覗けるようになっています。

ムーブメントはCal.5100と呼ばれる雲上モデルにしてはロングパワーリザーブの60時間連続稼働が可能。

このモデルを購入するとレザーストラップとラバーストラップが付属してくるらしいのですが、工具なしで簡単にストラップを交換することが出来る。

至れり尽くせりの雲上ブランドだ。

ジラールペルゴ ロレアート 2016年限定モデル Ref.81000-11-431-11A

ジラールペルゴ ロレアート 2016年限定モデル Ref.81000-11-431-11A

ジラールペルゴの登場です。

芸能人の腕時計をいろいろ見てもなぜかジラールペルゴの腕時計をしている人はあまり多くありません。

そんななか時計マニアのケンドーさんが所有している数ある腕時計の中にジラールペルゴのロレアートがあるじゃあありませんか。

このモデルは2016年の世界限定225本のみ販売されたモデルで、オーデマピゲのケース同様、8角形が特徴の腕時計。

ロイヤルオークと違うのは、ケースの形状がロレアートは円形である点。

ベゼルが8角形なんですね、このモデルは。

文字盤も同じくタペストリーになっていてかなりロイヤルオークに似てはいるんですが、それもそのはず。

オーデマピゲのロイヤルオーク、ジラールペルゴのロレアート、パテックフィリップのノーチラスはデザイナーを共有しています。

全部天才時計デザイナーのジェラルドジェンタさんの作品ですからね。

IWCのインヂュニアなんかもそう。

その他にもジェラルドジェンタさんの作品はたくさんありますが、よく見れば違いがたくさんあります。

ロレアートとロイヤルオークは似ていますが、まあ違うといえば結構違う。

ムーブメントも違うのでやっぱりかなり別物。

でもケンドーさんはジェラルドジェンタの作風が好きなのは確か。

ロレアート、なかなかかっこいい。

『王様のブランチ』で着用されていたモデル。

パテックフィリップ ワールドタイム Ref.5110G-001

パテックフィリップ-ワールドタイム-Ref.5110G-001

このワールドタイムは、生産を終了したモデルなんですが、すごい高機能なワールドタイムが内蔵されたコンプリケーションモデル。

10時位置にあるプッシュボタンで外周の24都市リングや内周の24時間リングを操作できる。

かなり手の込んだ仕組みでしかもケース素材がホワイトゴールドなので非常に高額な1本。

ちなみにこのモデルは『アメト--ク』でケンドーさんが着用していたモデル。

という感じの3本の雲上モデル。

2本は3大時計ブランドですが、ケンドーさんはこれ以上に何本も所有しています。

所ジョージさんより時計道楽かもしれないw

ケンドーコバヤシさんのセンスのいい腕時計・オーデマピゲ、ブレゲ、ブライトリング、タグホイヤー、ハミルトンなどのクラシカルなモデル

まだまだあったケンドーコバヤシさんの愛用する腕時計・IWC アクアタイマー 2000 Ref.IW353803、チュードル イカサブマリーナ Ref.9411/0、ロレックス オイスタークォーツ デイトジャスト Ref.17000、ジャガールクルト グランドレベルソ ウルトラスリム 1931 ルージュ Ref.Q278856J