image by wizsi.com

ビッグバンと聞いて何を思い浮かべますか?

僕はやはりウブロのビッグバンを最初に思い浮かべます。

これはその人が何に興味があるかによっても変わってくる面白い実験なんですが、人には網状体賦活系と呼ばれるものが脳内にあって、

その人の興味のあることにそれがよりよく反応するようになっているみたい。

例えば僕は車が好きですから、アストンマーチンのヴァンキッシュなどが走れば当然目がそちらに行くでしょう。

しかし車好きでもなんでもない人なら、うるさい車が走ってったくらいにしか思わないでしょう。

それどころか何も気づかないかもしれません。

ビッグバンと聞いて僕が真っ先に思い浮かべるのはウブロの腕時計ですが、中には宇宙の始まりである超新星爆発を真っ先に思い浮かべる人も多いはずです。

むしろそっちの方が多いでしょう。

他には韓国のアイドルグループ、ビッグバンを想像する人もいるでしょう。

その人が何が好きかによって同じ言葉でも想像するものが変わってきます。

つまり言葉だけじゃ真意は伝わらないことがある、という結論です。

というのは今日のテーマではなく、ビッグバンという韓国のアイドルグループにはウブロのビッグバンを愛用しているメンバーがいます。

ビッグバン Ref.341.PB.131.RX

ビッグバン Ref.341.PB.131.RX

HUBLOT Big Bang ウブロ ビッグバン レッドゴールド×チタン 40.8mm ラバー 341.PB.131.RX


ウブロ ビッグバン ゴールド セラミック 341.PB.131.RX HUBLOT BIG BANG
ウブロ ビッグバン ゴールド セラミック 341.PB.131.RX HUBLOT BIG BANG

このかっこいいゴールドのビッグバンを愛用しているのはV.Iと呼ばれる人なんですが、読み方はヴィアイ。

そのままの読み方で良いみたいです。

僕はビッグバンはGドラゴンしか知らなかったんですが、VIさんもビッグバンを愛用していることで有名。

さて、このウブロのビッグバンなんですが、18Kゴールド製なんで、もちろん高い。

しかしウブロにしては珍しく小ぶりで、大きさも41ミリ程度しかないんですね。

大きな腕時計が苦手だった人には朗報。

ウブロのビッグバンには44ミリ以上のモデルしかないと思っていたので意外でした。

ゴールドがベースになったこのビッグバンですが、ウブロの特徴であるフュージョンを取り入れたモデル。

18Kレッドゴールドの他にはチタンなどを使用して、ベゼルにはセラミック素材を使用しています。

今はやりのゴールドケースと傷がつきにくい硬質なセラミックベゼルの組み合わせ。

併せられているラバーストラップも、ゴールドケースと併せたのはウブロが発です。

発表当時はかなり話題になったんですが、今ではスポーツラグジュアリーの世界では一般的になっています。

数々の常識を打ち破ってきたウブロのアイディアが詰め込まれた1本が41ミリという小ぶりで実現したモデル。

アジア人の細い腕にはいいかもしれません。

大きいのが魅力の一つでもあるんですけどね。

ということで、ビッグバンのVIさんのビッグバンでした。

HUBLOT Big Bang ウブロ ビッグバン レッドゴールド×チタン 40.8mm ラバー 341.PB.131.RX


ウブロ ビッグバン ゴールド セラミック 341.PB.131.RX HUBLOT BIG BANG
ウブロ ビッグバン ゴールド セラミック 341.PB.131.RX HUBLOT BIG BANG