長友佑都選手、楢崎正剛選手、長野久義選手が愛用する共通のウブロ・ビッグバン ブラックマジック Ref.301.CV.130.RX.110

サッカーとウブロ、野球とウブロ。

どちらも大きく関りのある関係であることは時計好きならご存知だと思います。

日本にはヨーロッパの国々とは違い、野球というスポーツが国民に根付いています。

ウブロはそこを見逃しませんでした。

ウブロは日本の国民的スターとなった田中将大投手をアンバサダーとして起用し、野球好きの日本人もウブロに関心を持つようになりました。

おそらく田中将大さんがアンバサダーとなったことで、ウブロを購入した人や興味を持った人どちらも合わせると、結構な人数になるんじゃないかなと思います。

ですから、野球選手がウブロを愛用するのもやはり、ウブロ=サッカーという図式ばかりじゃないからじゃないでしょうか。

ここずっとウブロは成功者の腕時計として愛されるようになり、

実業家やちょっとした成功者などはみんなウブロを所有するようになりました。

世界中がウブロフィーバーになっているんですが、今日は野球選手、サッカー選手が愛用する共通のウブロについて見てみましょう。

長友佑都選手、楢崎正剛選手、そして、プロ野球選手の長野久義さんたちが愛用している共通の1本があります。

と言っても3人でシェアウォッチしているわけではありませんw

そういう関係じゃないですからねw

冗談はさておき、

ビッグバン ブラックマジック Ref.301.CV.130.RX.110

ビッグバン ブラックマジック Ref.301.CV.130.RX.110

このモデル。

全身ブラックですが、光沢がある作りになっている1本。

ウブロは全身が黒いモデルでも素材や加工方法などで、まったく違った表情を出すのが上手。

例えば同じくセラミック製の1本でもマイクロブラスト加工を施したモデルは光沢がなくざらざらしたマットな仕上がりになっています。

そういうモデルはミリタリーウォッチのように少々ぶつけてもいい感覚で着用できるし、男の腕時計という印象を与えます。

一方今回のようなモデルでは光沢もあり艶感がありますから、ドレス系として扱いたいモデル。

ベゼルにはパヴェダイヤモンドが2連になって埋め込まれていて、富裕層の遊び心ある腕時計という感じ。

ただし、ゴールドや明るめな色あいではないので、落ち着いた雰囲気も持ち合わせていますから、大人の1本という感じ。

ダンディな富裕層向けのジェントルマン用の腕時計という感じw

ちょっと曖昧過ぎるかな。

なんというか、35歳を超えて似合う大人の腕時計。

カルティエのような感じかな。

それの遊び心がたくさんブレンドされたバージョン。

長友佑都選手、楢崎正剛選手、長野久義選手が愛用するウブロの1本でした。