芸能人が着けてる腕時計~尾上松也編~・ロレックスのローマンインデックスダイヤルのデイトジャスト Ref.16234がダンディな歌舞伎役者

さて芸能人が着けてる腕時計はやっぱり気になります。

特に時計が好きな人やあるシーンで腕元がアップになる場合、どんな時計をつけているか気になります。

それが自分が知っている腕時計なら、おっとなるし、

あてっこゲームして、これどこどこのあれだよなんて、蘊蓄たれたくなったりもしますw

しないんですが、芸能人の腕時計には注目してしまうものなんですな。

さて、今日は尾上松也さんがドラマで着用していた腕時計について見てみましょう。

ロレックス デイトジャスト ステンレス+ホワイトゴールド ローマンインデックス Ref.16234

ロレックス デイトジャスト ステンレス+ホワイトゴールド ローマンインデックス Ref.16234

このモデルなんですが、生産終了したデイトジャストの旧型です。

ステンレスとホワイトゴールドを使用しているんですが、ホワイトゴールドという素材がシルバー色なのでほとんどステンレスに見えてしまうという奥ゆかしい腕時計。

ゴールドを使用しているのに主張していないところが人気の大人の腕時計と言えます。

僕のような子供は派手なイエローゴールドコンビの方が好きなんですけどねw

36ミリのケースサイズはデイトジャストの主力モデルの大きさで、いまだにファンが多いのがこの大きさのモデル。

デイトジャストの良いところはその値段と安さに対して、ロレックスの良さが全て詰まっているところ。

精度や強度、そして価値、全て。

ホワイトゴールドを使用した腕時計なんですが、ホワイトゴールドを使用している部分はほかにもあって、針やインデックスにも錆びないように、腐食しないように、帯磁しないようにと、ゴールドを使用しているんですね。

ハンサムな歌舞伎役者の尾上さんには36ミリのゴールドを使用した大人の、しかもダンディなローマ数字を使用したインデックスが非常によく似合う。

文字盤も通常のホワイトやブラックなどとは違った、ブルーのようなネイビーのような色合いで、最近の流行ではこの3色なら一番人気があるカラーリングです。

決して持ち上げているわけではありませんw

ネイビーとかブルーの腕時計はオーデマピゲのロイヤルオークでもかなり高値で取引されています。

ロイヤルオークなら白でも黒でもいいんですが、ブルーダイヤルのタペストリー文字盤がめちゃくちゃ人気みたいです。

パネライもそう。

そういった感じでロレックスにもそういった流れがあるんだと思います。

数が多いのがデイトジャストですから、プレミア価格と言った感じにはならないでしょうが、ブルーダイヤルでローマンインデックスのデイトジャストなんて、絵にかいたようなダンディズムなんじゃないでしょうかねw

尾上さんもダンディな腕時計が似合う年になりましたかぁ。

って俺、誰w